ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

シンガポールが誇る世界遺産、シンガポール植物園に行ってみよう

シンガポール植物園というシンガポールが誇る世界遺産をご存知でしょうか?

実はシンガポール植物園は、シンガポールの国よりも長い150年以上の歴史を誇っており、シンガポールの街の中心にある都会のオアシスとして多くの市民に親しまれています。

長い歴史と文化的価値が認められ、今年シンガポールで初めての世界遺産として登録されました。

規模はなんと東京ドーム13個分という広さで、歩いて回ると半日程かかる広大な植物園となっており、日本の植物園のイメージとは少し違うかもしれません。

入園は無料(国立洋ラン園の施設を除く)となっており、休日には園内の野外音楽ステージでパフォーマンスなども楽しむ事ができるため、多くの人々の憩いの場となっています。

高層ビルのそびえる街並を見ていると忘れてしまいそうですが、植物園には、元々シンガポールの地域に自生しているジャングルのような木々が沢山生い茂っているエリアもあり、ここが熱帯雨林であったことを思い出させてくれます。

P2217742

園内を歩いていると、オオトカゲに遭遇することもよくあります。大きいものだと体調が2メートル近くあることも。(非常におとなしい性格で人は襲いません。)

また植物園内にある、国立洋ラン園では、1000種を超える原種と2000種を超える交配種の洋ランが栽培されていて、常に色とりどりに咲き誇る洋ランを鑑賞することができます。

さらには250種を超える様々な生姜が栽培されいてる生姜園の近くでは、カフェ・ハリア(ハリアとはマレー語で生姜という意味)があり、生姜を用いたメニューを楽しむこともできます。

シンガポールに訪れた際には、シンガポール植物園でのんびりしてみてはいかがでしょうか。

かつては廃れた小さな漁村の集まりでシンガプーラと呼ばれていたシンガポール。

イギリスの統治および世界大戦を経て独立後、現在は東南アジアの中心として経済的な繁栄を遂げています。

国の歴史よりも長い巨大なシンガポールの植物園が見続けてきたシンガポールの歴史には、様々な事柄があったに違いありません。

今、そんな植物園には、戦争の世紀を経て現代まで受け継がれた平和の花が咲き誇っています。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

GOTRIP!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき