ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SoundCloud、イギリスの大手作曲家団体から訴えられる

SoundCloud、イギリスの大手作曲家団体から訴えられる

音楽共有サービスSoundCloud、イギリスの大手作曲家団体から訴えられる:「SoundCloudはライセンスの必要性を否定し続けた」

イギリスで作曲家10万組以上を代表する音楽出版団体「PRS for Music」が、音楽共有サービスSoundCloudに対して、著作権を侵害していると訴訟を起こしました。PRS for Musicは、SoundCloudは団体に所属するソングライターの楽曲に関するライセンスを取得せずに利用してきたと説明しています。

PRS for Musicが所属するソングライターに送ったメールによれば、団体とSoundCloudは過去5年に渡って交渉を続けてきましたが合意に至らず、その期間中もSoundCloudはヨーロッパ及びイギリスで楽曲利用に必要なライセンスの取得を拒否し続け、ソングライターに支払われるはずのライセンス料分配を無視してきたことから、訴訟を起こした理由としています。

PRS for Musicは、SoundCloudに何度もライセンスを取得し著作権を侵害する行為を止めるよう依頼し、レパートリーのサンプル4500曲のリストを送りていました。SoundCloudはPRS for Musicに「250曲」を削除したことを伝えてきましたが、団体はその対応に満足しておらず、250曲を削除した理由も明確にされていないことを疑問視しています。

今回の訴訟は「難しい決定」だったが、「メンバーにとって長期的に最良な利益」となるという考えのもと、もし音楽ストリーミングの市場が真の可能性に到達し、作曲家たちに公平な対価が支払うことができるなら、SoundCloudのような音楽ストリーミングサービスは支払うべきであると述べます。

PRS for Musicは「ストリーミング市場はクリエイターに対価を支払うためにライセンスを取得しなければ、公平に成長はしない」と主張しています。そしてさらなる訴訟に発展する前にこの問題を解決したいと、和解する構えも見せています。

ベルリンに本拠地を置くSoundCloudは、2008年にサービスを開始し、ユーザーが制作したトラックやリミックス、ミックスを自由にフリーでアップロードし共有できることで、月間1億7500万人以上のユーザーを集める世界的なサービスに成長してきました。またニュージーランド人アーティストでグラミー賞を受賞したロードや、ドレイク、Skrillexなどアーティストも早くからSoundCloudで楽曲を公開して、ファン層を拡大してくるといった、プロモーション活動の機能も果たしています。

しかしSoundCloudは自由にトラックをアップロードできるシステムから、著作権を侵害するトラックでもアップでき、さらにこれまでレコード会社とライセンス契約を結んでいないためアーティストには一切ロイヤリティが支払われないことから、ソニーミュージックが一部の楽曲を引き下げるなど、音楽業界からは厳しい目にさらされてきました。

2014年に入りようやくSoundCloudは広告モデルの導入を決定しクリエイターへのロイヤリティ料支払いを開始、ワーナーミュージックやインディーズレーベル団体Merlinとライセンス契約を結びました。さらにサブスクリプション型サービスの開発も進めて収益確保に注力しています。

しかしレコードレーベルとのライセンス契約は結んでいますが、作曲家を含む実演権団体 (performing rights organization) とのライセンス契約は締結していません。

■記事元http://jaykogami.com/2015/08/11949.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。