体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【アイスマン福留】桔梗屋の「桔梗信玄アイスシリーズ」はどれもアツい!

f:id:hotpepper-gourmet:20150827163001j:plain

日本全国ご当地ソウルアイス巡礼記【山梨編】           「桔梗信玄アイスシリーズ」

どうも!夏だけ活発な男、アイスマン福留です。

今まで、コンビニアイスをひたすら食べてきましたが、「メシ通」の本企画では日本全国の「ご当地アイス」を巡り、食べ尽くしていきたいと思います。

まず最初に選んだ場所は、山梨県! 山梨といえば武田信玄、武田信玄といえば、武田神社、そして、そのお土産といえば……? そう! 武田神社御用達の「桔梗信玄餅」です!

……と言っても、今回のお目当ては、通常の「桔梗信玄餅」ではなく、

当然!「桔梗信玄餅アイス」です!!
(ご当地ソウルアイス巡礼記ですからね…)

 

目指すは、山梨県笛吹市にある桔梗屋本社。せっかく行くからには、地元のスーパーで山梨県でしか販売していないご当地アイスも探索したい…… ということで、メシ通スタッフに無理を言って車を出していただきました。

 

いざ桔梗屋へ!……の前に談合坂SAで“朝アイス”

中央自動車道を下り、談合坂SA(サービスエリア)でひと休み。SAといえばやはりソフトクリーム! 種類が豊富で迷ったが、結局、朝ごはんを食べていないのでお腹にたまるクレープアイスをチョイス。朝ソフトだっ!

f:id:Meshi2_Writer:20150804224354j:plain

『H’s CREAM』のクレープアイス。

こちら、談合坂SA限定だそうだ。そう、”限定”という言葉には弱いのよね…。

f:id:Meshi2_Writer:20150804224953j:plainうーん、クレープソフトの背景には山脈……。絵になりますなぁ~。 f:id:Meshi2_Writer:20150806223405j:plain午前中にもかかわらず、早くも気温は35℃オーバー。とにかくソフトクリームの溶けるスピードが早い!慌ててクレープソフトをたいらげ、ふたたび山梨へ出発。

・・・・・・・・。

 出発から2時間半、一宮御坂インターを降り数分走ると、あった!

ついに、信玄餅の聖地「桔梗屋」へ到着!

f:id:Meshi2_Writer:20150806225008j:plain最近はハーゲンダッツの「華もちシリーズ」の活躍もあり、アイス業界では餅を使った和風フレーバーがプチブーム。桔梗屋の「桔梗信玄餅アイス」は、ハーゲンダッツの同シリーズの「黒蜜きなこ」に大変似ているが、実はこのブームが訪れる以前の2012年から発売されている商品なのだ。

今回は、そのシリーズの中でも”現地でしか食べられない”「桔梗信玄アイスシリーズ」も食べられるので楽しみ! ワクワク……。おっと! 噂をすれば、さっそく「桔梗信玄ソフト」の看板が。

あ……、これは来店記念の写真スポットか。とりあえず、1枚撮っておこう…。

f:id:Meshi2_Writer:20150807162637j:plain
本社工場でも「桔梗信玄餅アイス」は買うことができるが、数分歩いたところにある庭付きカフェスペースが併設されている店舗「手作りアイス工房」へ行くことに。

f:id:Meshi2_Writer:20150807171803j:plain
1 2 3 4 5次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。