ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「WeChat」は中国人観光客の”爆買い”を加速させる!?

新しいモノ好きのスマホユーザーなら、WeChatと聞いて、「ああ、中国版LINEね」とすぐにわかるはず。実はこのWeChat、LINEより数カ月早く中国本土でサービスを開始しているので、LINEのちょっぴり先輩ということになる。2015年現在、登録アカウント数が世界中で11億2,000万人、月間アクティブユーザー数が4億4,000万人と、規模ではLINEを大きくしのぐ。ユーザーの多くは中国人であり、中国国内では「微信(ウェイシン)」という名前でスマホユーザーのマストハブとして君臨する。

LINEとほぼ同等の機能を備えるだけでなく、ビデオチャットができたり、自分の周囲にいるWeChatユーザーを探して知らせるLook Around機能(中国語では「附近的人」)など、むしろLINE以上に機能豊富といえるかもしれない。特に、このLook Around機能は中国の若者たちに大ウケ。何しろ、半径100メートル以内、200メートル以内という距離ごとに、付近にいるWeChatユーザーをリストアップし、しかも顔写真にプロフィール付きで表示されるので、出会い目的に利用する若者も多いのだとか。

そんな面白さいっぱいのWeChatだが、日本での普及はいまひとつで、注目されることもあまりなかった。それが、2015年7月、WeChatの運営会社である中国のテンセントを代理して日本のネットスターズが、スマートフォンを利用した決済サービス「WeChat Payment」を日本に本格導入すると発表したことから、がぜん注目を浴びることとなったのだ。

スマートフォンとタブレットの間で決済がおこなわれているところ(写真提供:株式会社ネットスターズ)

「WeChat Payment」での支払い方法は簡単だ。まず、スマートフォンでWeChatアプリを起動し、ディスプレイに決済用のQRコードを表示させる。店側はiPadなどのタブレットで専用アプリを起動して金額を入力後、客のQRコードを読み取る。これだけで支払い手続き完了。決済はデビッド型なので、客の銀行口座から引き落とされる。店側では自前のタブレット端末を用意するだけなので、導入費用はほとんどかからない。この簡単さが、「WeChat Payment」での決済が中国で増えている理由なのだ。

ちなみに、QRコードを使った決済サービスは日本では珍しいが、中国ではごく当たり前に用いられているそうである。

この「WeChat Payment」日本導入の目的はもうおわかりだろう。増え続ける中国人観光客の皆さんに利用していただこうということ。”爆買い増加”への期待が集まるWeChatなのである。

TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。