ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

あなたはもう体験した? 『新宿クリエイターズフェスタ』アーティストの展示作品一挙ご紹介!

作品名:パックマン、ドンキーコング
制作者:三井淳平
場所:新宿モア4番街

作品名:単眼的風景
制作者:鈴木 一太郎
場所:新宿野村ビル、新宿NSビル

ゴジラにバルーンアート……巨大アートの迫力がすごすぎ!!

スクリーンショット 2015-08-22 22.57.22

さて、お待ちかねの砂のゴジラ像は新宿駅西口からまっすぐ歩いた新宿中央公園水の広場に登場。50トンもの砂で作られている迫力のある彫刻は、まるで新宿のオフィスビルや公園の自然を守護する“狛犬”のよう。

スクリーンショット 2015-08-22 22.14.50 スクリーンショット 2015-08-22 22.58.03 スクリーンショット 2015-08-22 22.58.18

360度ぐるりと楽しめるのも彫像ならでは。またミニラなど、側面、背面あわせて10体以上のゴジラの“仲間”たちも彫られているのだそう。さらに夜になると、神秘的なライトアップもあるので、日中だけでなく夜間もゴジラの像を楽しむことができそうです。

スクリーンショット 2015-08-22 23.27.18

オフィスビル内には巨大なバルーンアートが展示されています。椿昇さんの作品は、高さ7メートルもある力作。椿さんは、全長50メートルの“バッタ”のバルーンアートを制作したことでも話題のある現代アーティストで、荘厳な色使いの止り木と巨大な“鳥”の像が異様な存在感をみせています。

スクリーンショット 2015-08-22 23.02.26 IMG_0706 スクリーンショット 2015-08-22 23.06.42

つづいてこちらも、新宿ファーストウエストに現れた巨大な鳥のバルーンアート。こちらは、新宿を「宇宙に一番近い都市」と表現する世界的CGアーティスト河口洋一郎さんの作品。奇怪な色使いの鳥が“未知”そのものを表現しているよう。

スクリーンショット 2015-08-22 23.07.00 スクリーンショット 2015-08-22 23.07.18

天井のストライプと相まって、“迫力”だけでなく狂気すらも感じさせるようなダイナミックな作品です。

作品名:ゴジラ
制作者:保坂 俊彦
場所:新宿中央公園水の広場

作品名:鸚鵡図
制作者:椿昇
場所:住友不動産新宿グランドタワー

作品名:巨大宇宙鳥/Bircco
制作者:河口 洋一郎
場所:新宿ファーストウエスト1F

前のページ 1 2 3 4次のページ
mochimiの記事一覧をみる

記者:

ディズニーツムツム大好き!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき