体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

麦好きよ集え! ウイスキーとクラフトビールの野外フェス『ウイスキー&ビアキャンプ長和町2015』はいいぞ! すごくいいぞ!

f:id:uralatokyo:20150804153509j:plain
ウイスキー ビール
この2つはどちらも麦(モルト)を原料とするお酒です。製造方法の違いで蒸留酒と醸造酒に分かれますが、両方とも好きという「麦ファン」は結構多いと思います。
そして、どちらも青空の下で飲むと最っ高にうんまぁーい!
緑の芝生の上で美味しいウイスキーとビールを飲みながら、信州の地の肴をつまみ、心地よい音楽にどっぷり浸る……そんな贅沢な要素がぜ~んぶ詰まった、麦ファン必見の幸せすぎるイベントが9月5日(土)~6日(日)にあるんです!

f:id:uralatokyo:20150804153240j:plain

『ウイスキー&ビアキャンプ長和町2015
このイベントは長野県の中東部、美ヶ原高原や霧ヶ峰高原、白樺湖が属する「八ヶ岳中信高原国定公園内」に位置する長和町のスキー場で開催されている野外フェス。NHKの連続テレビ小説で盛り上がりを見せるウイスキーと、近年人気が急上昇中のクラフトビールが両方楽しめるという、国内唯一のイベントなのです。

f:id:uralatokyo:20150804153951j:plain
ウイスキー評論家として知られる土屋守氏のプロデュースで2011年から始まり、2014年からは、ビール専門家で日本ビアジャーナリスト協会代表の藤原ヒロユキ氏をプロデューサーに迎え、滅多にお目にかかれないレアボトルを含む国内外のウイスキーと、信州近隣のクラフトビールが楽しめる「ウイスキー&ビアキャンプ長和町」に生まれ変わりました。5回目となる今年は、要望の多かったキャンピングカー&テントサイトも設立し、よりアウトドアを満喫できるイベントにパワーアップ!
※残念ながらキャンプサイト券は完売ですが、近隣のキャンプ場は利用可能。公式HPでペンションと提携したお得な宿泊パックや、JR上田駅または茅野駅から会場まで直通のシャトルバスチケットも販売中。

f:id:uralatokyo:20150804154130j:plain
信州の大自然に抱かれた素晴らしいロケーションに、ウイスキーとビールどちらのファンも唸る素晴らしいラインナップ、そして自然の恵みが詰まった信州グルメ、それらを証明する口コミ評判の高さで年々参加者が増えています。その理由を1つずつ紐解いていきましょう。

国内外のウイスキーが無料で試飲できる!(一部有料)

f:id:uralatokyo:20150804154308j:plain
なんと、会場内のウイスキーはほぼ無料で試飲し放題!
(ヴィンテージなどのレアボトルは300円~有料)
今年はサントリーの11年ぶりとなる新ブランドの「知多」や、人気沸騰で終売となったニッカの「余市」「宮城峡」のリニューアル版など、ともに9月1日に発売される注目の新商品が早速イベントに登場。また、例年リピーターに人気なのが辛口なタリスカーのハイボールに、なんと挽きたての黒コショウをトッピングした「ペッパーハイボール」 
この一見すると強烈な組み合わせが、スパイシーな肉料理や地元名物のキーマカレーと相性抜群なのです。

長野近隣のクラフトビールがすべて1杯500円!

f:id:uralatokyo:20150804154940j:plain
ビールは自家栽培の生ホップや農作物を使い、根強いファンの多い「志賀高原ビール」や、信州産のリンゴを贅沢に使用したアップルホップが好評の「南信州ビール」など、クラフトビールファンには馴染み深い長野のブルワリーが出展。
また、2014年に軽井沢で誕生したばかりのオーガニックビールを得意とする醸造所「ココノホップ」や、遠方から足を運ぶ愛好家の多い野沢温泉のマイクロブルワリー「里武士(LIBUSHI)」、八ヶ岳の天然水で丁寧に仕込む清里のブルワリー「八ヶ岳タッチダウンビール」など、県外では滅多に樽生が飲めない地元密着型ブルワリーも集結!ビール1杯500円とリーズナブルな均一価格なのも嬉しいポイントです。  

信州ならではの“うまいもん”もスタンバイ

1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。