ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

共有化を目的としたTo Doアプリ「Wunderlist」は、チームで仕事をするのにピッタリ!

手帳に用事・仕事を書き記し、それを頼りに日々の案件をこなす。そんなビジネスパーソンも少なくないと思うが、世の技術は日進月歩で進化している。現在は「To Doアプリ」という便利なものがある。日々の”やるべきこと”をリスト化し、タスクの見逃しを防ぐ。うまく活用すれば、効率的に仕事を進めることが可能だ。To Doアプリと呼ばれるものにはたくさんの種類があるが、そのなかでも出色なのは今回紹介する「Wunderlist」だ。

使い方は、まずリストの作成から。リストの名前は「仕事」でもいいし、「買い物」や「見たい映画」などでもいい。そして、それぞれのリストにやるべきこと(To Do)を追加していくのだ。筆者は「仕事」リストに、こなさなければいけない案件(原稿)を入れている。


リストを作成することで、仕事とプライベートを分けて活用することができる


仕事リストに各案件をさらにリスト化。どのタスクが残っているか一目瞭然だ

その際、大事なのは期限日を設定すること。その日がやって来れば、ユーザーのアドレスにメールが送られてくるし、リマインダーを設定しておけば、その時刻にプッシュ通知がされる。

これで、タスク見逃しの不安はなくなる。やり終えたTo Doは、「完了したアイテム」の方にまとめてあげればよいだろう。

実はここからが本番! Wunderlist最大の特徴は、「リストの共有」が挙げられる。たとえば、筆者の仕事リストをチームで共有したとする。

筆者の抱える仕事を滞らせないために、リストのTo Doを共有しているメンバーに振り当てることが可能となるのだ。

共有化を目的としたTo Doアプリ「Wunderlist」は、チームで仕事をするのにピッタリ!
共有化を目的としたTo Doアプリ「Wunderlist」は、チームで仕事をするのにピッタリ!
振り当て後、各タスクにアイコンが登場するので、誰が担当しているかがすぐに分かる

チームで共有する場合、今どんな状況なのか知りたくなるもの。そんな人も安心していただきたい。1つのタスクごとにコメントのやり取りができるため、これを活用すれば進捗状況がしっかりと把握できる。

To Doが多すぎて混乱しそうになったら、こなすべき順番にタスクを並べ替えることも可能だ。

もっと身近な活用術もある。たとえば、家族間で「買い物リスト」を共有。必要な物を思いついたら、妻がリストにそれを追加。仕事帰りに確認した夫が、リストに挙がったものを買って帰る。アプリを使うことで、非常に効率的なコミュニケーションを期待することができるはずだ。

オンラインだと不安な場合は、印刷という手段もある。遠足時の”必要なものリスト”を渡すみたいで新鮮だ。アナログな使い道をフォローしてくれているところも優しい。

「共有化を目的としている」という点が、他のアプリとは異なり、チームで仕事を進める際に重宝するアプリだ。数人で同じ仕事を進めている人は、ぜひ使ってみてほしい。

関連リンク

wunderlist

TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。