ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

FLOW、GRANRODEOとダイアナが駆けつけた真夏の野音でワールドツアーがフィナーレ

FLOW、GRANRODEOとダイアナが駆けつけた真夏の野音でワールドツアーがフィナーレ

FLOWが、8月15日に東京・日比谷野外大音楽堂で初のワールドツアー「FLOW WORLD TOUR 2015 極 -kiwami-」の最終公演を行った。

5月15日の大阪・BIGCAT公演からはじまったツアーは国内公演を挟みつつ台湾、アメリカ、ペルー、ブラジル、アルゼンチン、チリ、カナダと世界各地をまわってきた。そのファイナル公演は日本。彼らの帰国を待ち望み野音に詰めかけたファンを前に「AWAKE」で勢いよく登場。序盤から「Re:member」「SUNSHINE60」「NUTS BANG!!!」とこの日の気温以上にボルテージがぐんぐん上がる客席に「常夏エンドレス」でVo. KOHSHIがホースを用いて放水でクールダウン。

そして、MCを挟んでは「FLOW ANIME BEST 極」に収録されたカヴァー曲「ブルーバード」を共に歌ったダイアナガーネットが招き入れられ、力強くも涼やかで伸びやかな声を披露した。

その後、「Sign」「BLACK & WHITE」「ANTHEM」と続いた後には、本ツアーで披露されている楽器隊メンバーによる、インストナンバー「connection」へ。

すると会場からはどよめきが湧き、ステージ上にはシークレットゲストとして、2組目、GRANRODEOからGt.のe-ZUKAがステージ中央に登場。続く「New World」ではVo. KISHOWも加わり、会場内は揺れんばかりの歓声でいっぱいになった。ツアーファイナルということで駆けつけたGRANRODEOからは「おかえり」「ブラジルに呼んでくれたらよかったのに!」と、昨年の楽曲コラボレーションをきっかけに親交を深めた2組の微笑ましいMCも披露され、KISHOWから「まさか今年も(FLOW×GRANRODEO)を引っ張ることになるとは思いませんでした!」という言葉にはすかさずKEIGOが「どうやら好評を博しているとかで…」と続き息もぴったり。そんな中、コラボシングルとして昨年リリースした「7 -seven-」を披露され、観客揃っての大合唱となり、歌声がいたるところで鳴り響いた。

さらに「ライブ・スペクタクルNARUTO」公演イメージソングとなった「光追いかけて」。続く「WORLD END」では入場時に配布され、観客全員が演出の一部となったジェット風船が飛ばされ、夜が落ちた野音の空を、まるで虹がかかったようにカラフルに彩った。

その後もメンバー紹介コーナーを経て「HERO~希望の歌~」「Just do it!!!」「COLORS」クライマックスはダンサーPCFの3名を加えた「愛愛愛に撃たれてバイバイバイ」から、間奏で場内端から端までをウエーブで彩った「GO!!!」。息をつく間もない怒涛のセットリストが続いたあと、MCでVo. KOHSHIから「初日のライブで、言いました。バンドの長年の夢だった海外でのワンマンに挑んでくるから(ファンに)行かせてほしいと。」その瞬間、彼らの凱旋を迎えてくれた最終公演の客席からは大きな拍手がどこからともなく湧き、和やかな雰囲気に。続いて、Vo. KEIGOが「これがFLOWの変わらぬステージです!」と締め括り、本編最終曲として、海外公演から演奏し続け、日本ではライブ演奏初披露となった12日にリリースされたばかりの「虹の空」を披露した。

アンコールには「World Symphony」「Garden」。なかでも、NHKの国際放送・NHKワールド「J-MELO」の新エンディングテーマとなった「World Symphony」はこの日深夜に予定していた国内放送に先駆けて観客に初披露され、楽曲中盤にはワールドツアーで訪れた各国の国旗を手にした8人の旗持ちが客席に登場。大きくはためかせた各国の旗には現地ファンたちからの寄せ書きが隙間なく書き込まれており、このツアーを経て、改めて音楽が国境を越えていけることを証明してみせた。彼らはこのツアー終了後に制作期間に入り、キャリア10枚目のアルバムを制作予定とのこと。

アンコール楽曲を終えた後も客席の拍手は一向に鳴り止まず、FLOWがふたたび登場。ゲスト出演をしたGRANRODEO、ダイアナガーネットと共にステージに揃いカーテンコールを行い、8カ国19公演に及んだワールドツアーの幕を閉じた。

photo by コボリマサノリ

セットリスト
1. AWAKE
2. サムライムアフロ2014
3. Re:member
-MC-
4. SUNSHINE60
5. NUTS BANG!!!
6. 常夏エンドレス
-MC-
7. ブルーバード
8. Sign
9. BLACK & WHITE
10. ANTHEM
11. connection
12. New World
-MC-
13. 7 -seven-
-MC-
14. 光追いかけて
-MC-
15. WORLD END
16. メンバー紹介
17. HERO~希望の歌~
18. Just do it!!!
19. COLORS
20. 愛愛愛に撃たれてバイバイバイ
21. GO!!!
-MC-
22. 虹の空

EN.1 World Symphony
EN.2 Garden

関連リンク

FLOWオフィシャルサイトhttp://www.flow.mu/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。