体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの丸亀製麺の「だしソース」を再現してみた! 夢の「ポチャ〜ン浸け」で天ぷらを食す!

皆んなぁーっ! 丸い亀はすきかぁーっ!! うどんはすきかぁーっ!! 鶏の天ぷらはすきかぁーっ!! それから出汁とソースは好きかぁーっっっ!! カミサンが再現してくれたぞぉぉぉぉぉ! 例のだしソースをぉぉぉ!!!

f:id:Meshi2_IB:20150723181807g:plain

目指すは「ポチャ〜ン」

というわけで、例の讃岐釜揚げうどんを出すチェーン店のお話ですが、いわゆる讃岐うどんを再現しようというわけではなく、サイドメニューの「かしわ天(とり天)」等につける「だしソース」を自宅で再現するというお話。

丸亀製麺さんでこのかしわ天にだしソースをつけて食べるというコンビネーションを知った時は、軽いカルチャーショックがありましたね。

「かしわ天=とり天」という食べ物自体が関東ではあまり馴染みがない上に、天ぷらにソースをかけて食べるなんて冒涜は許し難いわけです。でも食べると旨いんですよコレが。しかもかしわ天は普通の天つゆにつけるよりもだしソースをつけて食べるのが旨い。

で、旨いから売ってくれないかな〜っと思ったら、お店では売ってくれない。一時期はインターネット販売をしていたみたいですが、今はもう販売していません。それはやっぱり再現しますよね、我が妻が。

で、やっぱりたくさん作って贅沢にポチャ〜ンと天つゆみたいにつけて食べたいですよね。

お店では絶対に出来ないですからね、そんな食べ方。

f:id:Meshi2_IB:20150723181737j:plain

「だしソース」の材料はこんなもんです。 だし汁:100cc 中濃ソース:65cc ウスターソース:大1/2 醤油大1 みりん小1
以上です。コレを混ぜるだけです。

f:id:Meshi2_IB:20150723181738j:plain

材料の液体どもをまぜまぜ。味見して、お好みでウスターを足したりして下さい。

ちなみに出汁はまあ自作しても良いですが、手軽に市販のだしの素で十分です。

f:id:Meshi2_IB:20150723181740j:plain

全部混ぜたら、鍋で一煮立ちさせます。

こうすると日持ちがするんだそうです。

f:id:Meshi2_IB:20150723181741j:plain

そして容器に移して、しばらく放置。

作ってすぐつけて食べても良いんですが、作りたてより時間が経ってからの方が味が落ち着きます(4〜5時間ぐらいが目安)。

天ぷらをつくるゾ!

次に天ぷらを作りましょう。だしソースだけ作って、チビチビなめながらお酒を一杯、っていうのも否定はしませんよ。そういう怠惰な生き方も悪くはないと思います。でも、志は低いですよね。せめてスーパーで天ぷらを買ってくるなりしましょう。

で、スーパーに買い物に出かけるくらいだったら、天ぷら粉を買いましょう。で、とり天とかはなかなか関東では売ってないものですよね。ね?ね? でも鶏肉ぐらいはスーパーで売っています。それからついでに野菜なんかも色々買って、そいでもってサラダ油なんかも買うともうね、天ぷらなんか揚がったも同然ですよ。

というわけで、かしわ天だけ揚げるなんてケチなことはせずに色々揚げて、どの食材がだしソースに合うか、色々と試してみましょう。

f:id:Meshi2_IB:20150723181742j:plain

揚げる食材はこんな感じ。

鶏ムネ肉、小エビ、チクワ、ナス、ピーマン、トウモロコシといったところ。ちなみに写真に写ってませんが途中で思いついてオクラなんかも天ぷらにしてみました。

f:id:Meshi2_IB:20150723181743j:plain

まずは天ぷら粉を水で溶いてコロモを作ります。配分はメーカーによって違うので、使う天ぷら粉の袋を見てね♥

f:id:Meshi2_IB:20150723181744j:plain
1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。