ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これ真田紐なんです!伝統をスタイリッシュに、真田紐で作られたお洒落なグッズはいかが?

真田紐ってご存知ですか。

真田紐とは、太い木綿糸で平たく厚く織った紐状の織物です。真田幸村の昌幸が刀の柄に巻いて用いたからとも、また真田昌幸と真田幸村が九度山で蟄居していた際に作って売ったから名づけられたとも言われています。
一見、普通の紐に見えますが、織物であるため非常に丈夫。現代では主に茶道具などの木箱にかけて使われています。お茶のお稽古などされる方ならおなじみですね。

そんな真田紐で作られたお洒落なハットやバッグを大正10年創業の藤井リボンで見つけてしまいました。

hat

こちらの中折れ帽は真田紐の特徴であるラインが綺麗なボーダーを描いてとてもスタイリッシュ。どこかイタリアのだて男のようなかわいらしさも感じさせます。

02

女性用もまるで女優さんの帽子のよう。
コットンなので軽くてシーズンも選ばず、旅行などにもぴったりです。

01

こちらは、真田紐を格子状に組みレザーをあわせた「昇・真田バッグ」
市松模様のようなデザインが素敵ですね。

00 04

他にもウエストバックやヘア小物などラインナップは様々。

世界でも類を見ない細い織物である真田紐は日本が誇る文化の一つ。
折りしも来年の大河ドラマの主役として注目度も高い真田幸村にちなみ、甲冑とは行かずともこんなグッズを身に着けてみてはいかがでしょうか。

藤井リボン

藤井リボン Facebook

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

見たまんまwww 個性重視ならこれしかない!「寿司になるクラッチバッグ」
[着物スタイル] 最小限にシンプルに、美しさを引き立てる。
浴衣を身近に…普段着としての浴衣を提案する「和ROBE」2015夏コレクションが素敵だ!

Japaaanマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy