ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東武鉄道が蒸気機関車!日光・鬼怒川に50年ぶりのSL復活を発表です

東武鬼怒川線の下今市〜鬼怒川温泉間の12.4kmに蒸気機関車(SL)が再び走ることになりました。

東武鉄道では2017年度の開始をめどに、JR北海道よりSL車両「C11型207号機」を借り受け、日光・鬼怒川地区にSLの復活を目指すことを発表しました。東武鬼怒川線での運行のダイヤや料金は未定ですが、日光・鬼怒川の観光の目玉の一つとして、継続的に運行していきたいとのことです。

かつては東武鉄道でも60台もの蒸気機関車が活躍していましたが、1947(昭和22)年のピーク時を境に徐々に減少し、1966年の佐野線でのさよなら運転を最後に全廃となっていました。東武鉄道にSLが走るのは約50年ぶりなんだそうです。

6e01f2261b69a99cf4137e25343951a8_m

北海道を走行していた頃のC11形207号機

 

今回、使用を検討されているC11形2017号機は、1941(昭和16)年に製造されて以来、ずっと北海道で使用されていました。1974年に廃車になり、静態保存されていましたが、2000(平成12)年からJR北海道で動態保存機として復活し、「SLニセコ号」「SL冬の湿原号」「SL函館大沼号」などとして使用されていましたが、2014年で運転を終了。次の活躍の場を日光に移して勇姿を見せてくれることとなりました。

日光にお出かけの楽しみがひとつ増えるのは嬉しいかぎりです。SLは子どもじゃなくてもなんだかワクワクしちゃう。ドライブも楽しいけれど、SL目当てに鉄道で行きたくなりますね。

東武鉄道 ニュースリリース 2015年08月10日 蒸気機関車(SL)の復活を目指します(2017年度目途)(PDF:453KB)

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

そうだ古墳、行こう。旅行口コミサイトが「日本の人気古墳TOP10」を発表
なにこれ可愛い〜っ!あの名作スニーカーにソックリ、ひらがなが面白い「にゅバランス」
夏のアイテムも!着物や帯など江戸時代の女性のトータルファッション展示「浮世絵と衣装」

Japaaanマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy