ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サーフィン界のレジェンドが製作した「ゴミからできた服」。廃棄物が最新トレンドに生まれ変わる!

150806recyclableapparel1のコピー

世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言わずもがなですが、いま注目を集めている理由はこれとは別。彼がこだわり続けて製品化を実現させた真意には、海を愛する“波乗り”ならではの使命感があったようです。

1_KELLY_ECONYL_FACTORY スクリーンショット 2015-08-06 12.06.46

持続可能な製造工程で、機能性とファッション性をブレンドした「Outerknown」。スレーターはブランドコンセプトをひと言で、こう伝えています。

「既存のスタイルをぶっ壊すにふさわしいブランド。従来のサプライチェーンのフタをこじ開けるものだよ。ボクらはただ、そこにある物を使うだけ。海を漂うゴミから繊維を生み出し、持続可能な洋服をつくったんだ。途方もないことのように思えたけど、今こうして最前線に立つことができている」

デザイン担当として、ジョン・ムーアをクリエイティブ・ディレクターに抜擢。氏はメンズファッション誌『GQ』が選ぶ、2014年「The Best New Menswear Designers in America」にも選出された、気鋭のディレクター。
サーファーが海から上がった後、そのまま仕事に行ったり、レストランに入ってもおかしくない、ファッショナブルなデザインを追求したそう。

recyclable-apparel Capture One Session1613 Capture One Session2870

海にリスペクトをはらうスレーターのサーファー精神が、「TREND HUNTER」の記事に見て取れます。
海に浮かぶ無数の漁網やプラスチックボトルを、世界各地で目にしてきた彼。自分にできることをやる。「海をキレイに」その目的で回収した大量のゴミを、どうにか再利用する方法があるはずと、2年に渡って温めてきたアイデアを繊維会社に持ち込み、海洋ゴミを再利用した繊維「Econyl」の開発がついに実現したそうです。

2_KELLY_FITTING

いま、世界中の海に放棄された漁網がスレーターの元に集められ、他のナイロンと混ぜ合わせて「Econyl」ができあがります。この持続可能なリサイクル生地は、Tシャツやスウェット製品をはじめ、リサイクル可能な衣類へと生まれ変わっていきます。
ちなみに「Outerknown」の洋服は、どれも着なくなった後、メーカーへと送り返すことで、また新たな服へと100%リサイクルされるそうです。モノを捨てさせない循環型のサプライチェーンにしたい。ここにもスレーターの信念が反映されているようです。

Reference:TREND HUNTER
Licensed material used with permission by BPCM

関連記事リンク(外部サイト)

女性をメロメロにする「24の方法」。恥ずかしいけど、効果はバツグン!
20代で気づくべき「100のコト」。酔った勢いでの関係は、2回まで!
スキニーを履き続けた女性を待っていたのは、4日間の入院生活

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。