ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【孤独のグルメ】江東区門前仲町のやきとり / つくねを生ピーマンで包む『庄助』

piman1

つくねとピーマン

焼鳥にも色々あるが、本当に美味しいと思える「つくね」に出会うことは稀だ。つくねに力を注いでいる焼き鳥屋は少なく、どうしてもつくねは脇役になりがちなのである。

piman3 piman10

・つくねを食べよ!!
しかし、東京都江東区門前仲町の『庄助』に行ったならば、つくねを食べずして帰るわけにはいかない。つくねを食べるために遠方から『庄助』を訪れる客も多くいるほどである。テレビドラマ『孤独のグルメ』の舞台になった店でもあり、ドラマの監督が常連になっている店でもある。

・ふわふわのつくね
ここのつくねは串に3個の肉団子が刺さっており、非常にふわふわ。どうすればここまでふわふわのつくねが作れるのか!? 驚くほどふわふわである。

・天国にいるかのよう!!
このつくねを串から取り外し、生のピーマンに入れ、唐辛子をかけて、てそのままガブリとかじりつく。これがもう、天国にいるかのような、最高のウマさ。

piman8 piman2

・つくねとピーマンの組み合わせ
「焼鳥を串からはずして食べるなんて許さん!!」という人もいるとは思うが、悪いことは言わない。ためしにやってみてほしい。あまりにも美味しいため、つくねとピーマンの組み合わせで注文する人が殺到している。

piman6 piman5

・熱々の焼鳥を堪能
お店のオススメは、焼鳥の7本セットと生ピーマンの組み合わせ。あとは好きなお酒を注文して、順番に焼かれる熱々の焼鳥を堪能する。

・別次元のウマさ
つくねも極上だが、生ピーマンで包んだつくねは別次元のウマさ。どのように美味しいのか、具体的に説明しよう。

piman7 piman1 piman4 piman9

・なかなか新鮮な体験
ひとくち食べると、生ピーマンのキュキュッとした弾力ある食感が、心地よさを感じさせてくれる。生でピーマンを食べる機会が稀なので、なかなか新鮮な体験だ。

・繊細な鶏肉の旨味
そして生ピーマンが圧力に負けてボクッと音を立てて崩壊した瞬間、つくねの綿のように柔らかい食感とともに、繊細な鶏肉の旨味が広がる。その旨味を際立たせるのが、生ピーマンの苦味と、唐辛子の辛味である。

・ひとつひとつの粒子
つくねが限りなくふわふわなため、口の中で一気に広がって旨味を伝える。ひとつひとつの粒子が粗いので、つくね特有の粒の食感も楽しい。確かに、これはヤミツキになる。

・新規の客も多い
ちなみに、『庄助』には生ビールがない。なので初めてきた客は「生ビールないんですよ。うちは瓶ビールになります」と言われる。けこう多くの客が同様のセリフを言われていたので、常連に混じりつつ、新規の客も多いようだ。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/08/07/kodokunogurume-season1-1/

庄助
住所: 東京都江東区富岡1-2-8
時間: 17:30~23:00
休日: 土日祝
http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13065350/

東京メインディッシュの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。