ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

たった1リットルの「水」で、500km走れるバイクが登場!?

85singo_500 water bike

燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクが話題だ。ガソリンを使わずに走ることができ、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるという。

Licensed material used with permission by Ruptly TV

上の動画では、バイクをつくったRicardo Azevedoさんが、飲料水や濾過したサンパウロ・チエテ川の汚水を、エンジンに入れてバイクを運転している姿を見ることができる。彼は動画でこうコメントしている。

「このバイクは、水から分離した水素で稼働します。ガソリン車と違って、排出されるのは水蒸気だけです」 

男性によれば、走行に必要なのは水と電力だ。バッテリーの電力で水を電気分解することによって、水素を分離し、燃焼することでエネルギーを生むそうだ。

実は珍しくない!?
「水素燃料エンジン」とは

しばしば究極のクリーンエネルギーとも呼ばれることがある「水素燃料」は、ガソリン要らずで二酸化炭素も排出しない。

水を入れるだけで走れるとだけ、と聞くと画期的なシステムだと思う人も多いかもしれない。しかし、実際に使用するのは水素であり、その仕組みは1970年に日本でも開発されているもの。もちろんその後も研究は進められている。
日本の企業でも水素自動車を販売しているところはいくつかあるのだ。

電気分解して
水素と酸素を燃やす

問題はそのコスト。水から水素を抽出するために必要な電気分解には電力コストがかかりすぎるそうだ。そのため、直接モーターを電気で動かしたほうが効率がいいというのが実際のところ。このバイクに関しても、500km走れるまでバッテリーが持たないのではないかとの声もある。

「水」で走るのは
非現実的?

Sweet anticipation

では今回のように、水で稼働するエンジンは現実的ではないのか?というと、そうでもない。「hybridCARS」に掲載された記事によれば、2014年に米企業「Alcoa」とイスラエル企業「Phinergy」社が開発した、「空気アルミニウム電池」を搭載した車両が走行実験を公開している。
これはガソリンと同じようにタンクへと給水し、「空気アルミニウム電池」と反応させることで電力を生む。

具体的には、水とアルミニウムと空気を化学反応させて、水酸化アルミニウムになる過程で生まれた電力によりエンジンを稼働させる。エネルギー密度が非常に高いことが特徴で、タンクへの給水は1〜2ヵ月に一度で済み、走行可能距離は1,600kmにも及ぶそうだ。

ほぼ100%再利用可能で
Co2排出も“ゼロ”

この「アルミニウム空気電池」は、従来の「充電式」とは違いカートリッジ型のアルミ板を車両へと積み、化学変化させることによって生まれるエネルギーを消費する仕組みになっている。

使用後の水酸化アルミニウムはそのままアルミニウムの製造へと再利用できるため、リサイクル率はほぼ100%。もちろん電気自動車のためエンジンを稼働させても二酸化炭素の排出はなく環境にも優しいという。
ルノーと日産自動車では、2017年の実用化を目指しているとも報じられている。

つまり、動画のブラジル人男性がつくりだしたバイクについて「水だけで走る」と言うと語弊が生まれてしまう。が、「水を使うエコな車」ならどうだろう?一般的に普及する日も遠い未来の話ではない、…とは言いすぎだろうか。

Reference:hybridCARS
Licensed material used with permission by  Ruptly TV

関連記事リンク(外部サイト)

MITが開発!「海水を飲料水に変える」技術が水不足を救う?
5分でOK!持ち運びができる、電気の要らない「ミニ洗濯機」
【電力不要】海水を飲料水に変える!家庭用「淡水化装置」がオシャレ

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。