ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヒットするコミックソングの共通項とは

ヒットするコミックソングの共通項とは
J-WAVE平日(月〜木)のお昼の番組「BEAT PLANET」のワンコーナー
「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
(ナビゲーター:亀田誠治)。8月4日のオンエアでは、
歌ネタ、コミックソングに注目しました。

8.6秒バズーカーの「ラッスンゴレライ」、クマムシの「あったかいんだからぁ」、
どぶろっくの「もしかしてだけど」・・・。
ここ数年来、歌ネタ、コミックソングがお笑い界で一大ブームとなっています。
そんなヒットするコミックソングにはどんな共通項があるのでしょう。
ナビゲーターの亀田さんが探りました。

コミックソングに必要な要素とは、一回聞けば、誰もがすぐに歌えるメロディとフレーズであること、
そして振付けつきであることが必須。そのことにより、口ずさむというメンタルだけでなく、
振付けというフィジカルによってもインプットされます。
それが、何気なくテレビを見ている人に印象付け、
さらにリピートされていくという中毒性を生む秘訣なのですね。

また、メロディラインとしては、「この曲、どっかで聞いたことあるな」といったメロディが向いています。
しかも、やや使い古された感じのある王道がいいのだとか。
王道のラブソングやこぶしの回った演歌、典型的なフォークソング、
そんな元ネタの持っている王道な雰囲気が聞く人の心を開き、
油断させておいて、そこにまさかのオチが入って、大爆笑に至ることに。

一方、ヒットするコミックソングによく見られるのが、「ラッスンゴレライ」のように、
アップテンポに強引に聞き手を巻き込んでいくタイプのもの。
アップテンポの手拍子などに乗せて、言葉を叩き込んでくるから、
聞く人に次に何がくるのか考える時間を与えません。
考える暇がなくオチがくるから、意表を突かれて大笑いをしてしまうというわけなのですね。

YouTubeなどで、すぐに何百万回とか再生されてしまう時代性も後押しし、
毎年生まれるコミックソングのヒット曲。コミックソングを見て聞いて、
お茶の間で家族みんなが笑いあったり、子どもがまねしたり、カラオケでみんなで振付して大騒ぎしたり・・・。
現代人の忙しい毎日を潤す潤滑油となるコミックソング。
次はどんな新しいコミックソングのヒットが出てくるか、楽しみですね。

【関連サイト】 「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。