ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

史上最強のコスパを誇る「カツカレー」を食す! @『フレンド』秋葉原

みたいな返しが来たので、ついクセで

「お願いします!」

みたいなオーダーになってしまいました。いや、結構お腹一杯でやって来たんですけどねw

しかし、主人の「コイツは喰いそうだ」みたいなイメージを崩したくないし、その想いに答えたいので「大盛り上等」で良いと思います。

はい。

『カツカレー大盛り』650円

fre-12_R

割とマッハで『カツカレー』が運ばれて来ました。あの御会計のペースを予想していたので、ちょっと待たされるつもりでしたがラッキーです。

そして、この写真のカツカレーで御座います。

ん~

大盛りだなw

しかし「バカ盛り」では無いので、まあ問題ないでしょう。

fre-11_R

ちょっと盛り付け方の加減で「カツ」が見えませんが、カレーの下に隠れています。

最近の主流はライス側に「カツ」を乗せて、ビジュアル的にアピールしてくるスタイルですが、あえてカレーで「カツ」を隠す奥ゆかしさに昭和を感じます。

fre-15_R

ちなみに「福神漬け」も大盛りですw

カツはロースカツでボリューム満点!

fre-13_R

カレーに隠れて、まったく見えない「カツ」ですが、何気に「ロースカツ」でした。

しかもデカいw

そう言えば外に貼ってある紙に「ジャンボー」(ジャンボではない)と書いてあったのを、微妙に忘れていましたね。

厚さも大きさも文句無しで、これはカレーで隠さない方がインパクトあると思うんですけど、どうでしょう?

fre-14_R

「ロースカツ」の衣は比較的薄く、恐らくはバッター液ではなく「卵」を使ったタイプですね。

いや、この「ロースカツ」を使って650円は凄いと思います。

筆者が食べた600円クラスの『カツカレー』では、ナンバーワンの「ロースカツ」だと断言出来ます。

ココまでの厚みとボリュームなら「ロースカツ」単品で1200円で出すレベルです。

昔懐かしいカレー

fre-17_R

『カツカレー』のカレーは、いわゆる「昔懐かしいカレー」って感じで、黄色っぽい感じのカレーを想像して頂けると幸いです。

味の方もそんな感じで、このモッタリ感といい昭和のカレーを欲する人には堪らない一品かと存じます。

逆に、本格的な洋風カレーを望む人には「あれ?」みたいな印象を受けるかもですが、これが『フレンド』のカレーなので納得して下さい。

ライスも家庭的な感じである

fre-9_R

割とプレートで出されるライスは、若干硬めで炊かれる事が多いのですが、この『フレンド』は普通で御座います。

いや、これはこれでひとつの正解で、むしろ『フレンド』のカレーにはピタリと合います。

fre-18_R

あと、何故か『カツカレー』に味噌汁と「冷や奴」と言う定食コンビがやって来ました。

カレーと豆腐の相性については是非が分かれる所ですが、逆に箸休めとして考えた場合「冷や奴」は優秀かと思われます。

味噌汁は具が多く、かなり食べ応えがある感じです。結果的にボリューム満点なランチになりました。

コーヒーが無性に飲みたくなる件

fre-8_R

ぱっと見た感じ、さしてボリューム感を掴めない『カツカレー』ですが、実際にはボリューム満点です。

なんと言っても「ロースカツ」が大きいし、味噌汁も具沢山で「冷や奴」付き、さらに「福神漬け」までもが大盛りなので、本当にお腹一杯になります。

そして、何故か無性にアイスコーヒーが飲みたくなる件…

あまりドリンク類を欲しない筆者ですが、何故かこのテーブルに座っていると、アイスコーヒーが欲しくなってしまうのです。

するとどうでしょう?

あの主人が「サービスです!」と言って、アイスコーヒーを持って来てくれました!

この時点で筆者的に大満足で御座います。

『カツカレー 総評』

fre-16_R

とにかく全てがインパクト大な『フレンド』でした。

他にも凄い事があったのですが、あまりに凄すぎてネットで発信出来ないほどです。

いや、コレほどの店が21世紀に残っているとは、まさに「秋葉原恐るべし!」って感じでして、この店に訪れる事が出来た奇蹟を自分に感謝したい筆者です。

「とりあえず平成生まれは行っておくべし!」

テレビや写真、ネットでしか観れない昭和が『フレンド』には残っています。その圧倒的な「昭和感」はリアルで、昭和生まれの筆者ですら腰を抜かす内装は一見の価値ありです。

ちなみに主人が、帰り際の常連さんに

「明日は焼売カレーだよ」

と言っていたのが凄く気になる筆者です… 聞き間違えでなければ、確実に「しゅうまい」と言っていたはずで、もしも本当ならば『カツカレー』を超えるメニューである可能性も否定出来ません。

それでは、みなさんも是非『フレンド』でランチを食べてみて下さい。

特に平成生まれの人は、昭和を生で体験出来る最後のチャンスである可能性が高いので、早めに訪れる事を強くオススメします。

『フレンド』

東京都千代田区 神田佐久間町3-37

営業時間 7:00~21:00

不定休

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

前のページ 1 2
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき