ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファッション、音楽、人間的魅力…ビートルズの魅力が詰まった映画

ファッション、音楽、人間的魅力…ビートルズの魅力が詰まった映画
J-WAVE平日(月~木)昼の番組「BEAT PLANET」のワンコーナー
「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。
6月29日のオンエアでは、絶頂期のビートルズが主演した映画
「A HARD DAYS NIGHT」をピックアップしました。

6月29日は「ビートルズ記念日」です。1966年のこの日、
世界的なスター、ビートルズが初来日し、日本中を熱狂の渦に巻き込みました。
日本の音楽シーンにも多大な影響を与えた、まさに歴史的な出来事と言えるでしょう。
そんな記念日にちなみ、ビートルズが主演した映画
「A HARD DAYS NIGHT」をナビゲーターの亀田さんが紹介しました。

1964年に公開されたこの映画。彼らの人気絶頂ぶりをドキュメンタリータッチで描き、
本国イギリスのみならずアメリカでも大ヒットとなりました。
ちなみに日本では「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」
というタイトルの邦題がつけられていました。

この映画の魅力のひとつは、メンバーそれぞれをキャラ立ちさせることに成功
しているところ。四六時中、ファンに追いかけられ、
プライベートや寝る時間もないビートルズが、常にイギリス人らしく、
ユーモアを忘れず、わんぱくに、茶目っ気たっぷりに生きていくさまが描かれていています。
今のように、SNSでファンとつながることができない時代に、
スターやアイドルは、テレビやラジオの向こうの遠い存在でした。
そこに、この映画が現れて世界で公開されることによって、
一人ひとりの個性が見え、より身近な存在としてのビートルズの魅力に触れることができたのです。

また、彼らはこの「A HARD DAY’S NIGHT」と翌年公開された
「HELP」で、2年連続で映画を公開しているのですが、
実はこの2作品は、楽曲の公開に映像をつけるという意味で、
いわゆる「ミュージック・ビデオ」のさきがけでもありました。
今観ると、映画の中のさまざまなシーンが、その後のアーティストのファッション、
髪型、ミュージック・ビデオ、CDジャケットといったさまざまなビジュアルのヒントになっていることに気がつくでしょう。

もちろん、音楽の魅力も詰まっています。亀田さんも
「とにかくフレッシュなジョンとポールの作曲の才能がはじけまくっていて、
サウンドトラックとしても本当に素晴らしい!」と大絶賛しています。

人間的魅力、ファッション、音楽……、50年経っても色あせず、
ヒントにしたくなる要素たっぷりのビートルズ映画。
ビートルズファンはもちろん、実はビートルズをしっかり
聞いたことがないという方も、この映画でビートルズの魅力をおさらいしてみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】 「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。