ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

漫画座談会「裾野をひろげないと漫画というジャンルが死んでしまう」『コミPo!』田中圭一×喜多野土竜×一色登希彦×スチームトム

作家も得手不得手や守備範囲がずいぶん違いますから、当然なんですが。田中さんとはそこら辺で、持ち寄れる部分が多いと思うんですが、そこらへんで具体的な使用事例とか、なにかおありでしょうか?

田中:現状の『コミPo!』でも、コマ割りやアングルの違いが読者にどのような影響を与えるかを容易に確認することができます。現に伊藤剛さんは大学の授業で『コミPo!』を取り入れて「ここのアングルをこう変えると、演出意図はこう変わる」といったことを教えています。また、『コミPo!』を手に入れたアマチュアの方が、人気漫画を参考にしてアングルの善し悪し、1ページあたりのコマ数、フキダシ1つあたりの文字数、を研究し始めています。こういうことの先にあるのが「漫画をより魅力的にする秘伝のタレは、○○である」というメソッドの数々だと思います。それが確立されたら漫画の将来は明るいはずですよ。

スチームトム:画角、構成を説明するのは分かりやすいですね。映画演劇でも使えそうですね。その場合、今は個体一つのアングルしか変えられませんが、グループでまとめてアングルを変えられるようにしないとういけないなどの課題がありますね。

喜多野:そこら辺の研究結果をや集合知を、集約しつつ共有財産にできるように、何ができるのかを考えていくことが、『コミPo!』の進化というか、より多くのライトユーザー層への浸透に必要不可欠ではないかと思いますね。

そこでどんな知恵を持ち寄れるか、機会を改めてお話できたらいいですね。

一色:そうですね、漫画を、紙にインクで描くのも、パソコンで『コミックスタジオ』で描くのも、あるいは『コミPO!』で描くのも、つまりは道具の違いに過ぎない、とまとめると、やはり大切なのはそれを包括できる“漫画作りのノウハウ”“漫画技術の教養”ということになる。

喜多野:誤解があるかもしれませんが、自分は新しい技術に関しては抵抗感がないタイプです。新しい画材によって表現の幅は広がっても、旧来の画材を駆逐するものではない。水彩には水彩の良さがあり、油絵には油絵の良さがありますから。『Photoshop』や『Painter』も、そういう画材のひとつだと思っています。

ただ、画材は画材でその使い道をちゃんと知っておかないと、パステルでいくら油絵的な表現を狙っても、おのずと限界があるでしょう? そことは別に、一色さんがいう『漫画技術の教養』もセットで出していかないと。透視画法は油彩でも水彩でも有効で、必要なように。

一色:無理にこの結論に誘導したかったつもりもないのですが、前回の座談での主題や結論に近い所に、今回の話でも最終的には辿り着いたように思います。

つまり「漫画作り理論の体系化と整理」ですね。それは、紙の上での技術論でもありますし、広くは商業システムとしてどのように作られ流通するべきかという昨今見られる議論も含むと思いますね。

喜多野:そうですね。もうそろそろ、そこらへんのノウハウをオープンにしないと。現状での、『コミPo!』の方向性とかは田中さんがイロイロと考えていらっしゃるでしょうし、その流れの中でごく基本的なところでいいので、先人たちが見つけた秘伝のタレを、体系立ててまとめられれば、マニア化した漫画の在り方を、もうちょっと普通の表現のひとつとして、普及させられるのではないかと。

なんか今回も、自分がベラベラとしゃべり過ぎな感じですが(笑)、有意義なおはなしが聞けたと思います。

スチームトム:いえいえ、喜多野さんのお話もとても有意義でした(意地悪でしたが)。

田中さん、お話いただき、どうもありがとうございました。今後の『コミPO!』の展開がとても楽しみです!

一色さんの仰るとおり漫画界の体系化については今後もいろいろなゲストとお迎えして、当座談会で一つの叩き台をつくるところまで持って行きたいですね。

皆様、どうもありがとうございました。


【座談会参加者一覧】
●田中圭一:コミPo!公式サイト
●喜多野土竜:@mogura2001
●一色登希彦:@ishikitokihiko
●スチームトム:@steamthom

●漫画家さん、原作者さん、編集者さんなどに質問してみたいことはありませんか?
ガジェット通信では、漫画関係者さんにきいてみたい質問を募集しています。質問はこちらのメールフォームから送ってください。

(編集サポート:shnsk)

■関連記事
絵を描けなくてもマンガが描ける夢のソフト『コミPo!』発売 作者の田中圭一先生を囲む座談会
マンガの道具はどう進化する?絵を描けなくてもマンガが描けるソフト『コミPo!』作者の田中圭一先生を囲む座談会その2
「今この時代に漫画家を目指す人達へ」喜多野土竜×一色登希彦×スチームトム 漫画関係者ディープ座談会
「電子書籍と出版の未来」「プロレスと電子書籍」喜多野土竜さんのツイートまとめ
絵を描かずにマンガが作れるソフト『コミPo!』を使ってマンガ対決!

前のページ 1 2 3 4 5 6
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき