ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

漫画座談会「裾野をひろげないと漫画というジャンルが死んでしまう」『コミPo!』田中圭一×喜多野土竜×一色登希彦×スチームトム

画面の彩度の設定とか、これ自体完成した作品として意図していますよね? これが作画担当に委ねる素材としてなら、イマジナリーラインのおかしさとか、演出の甘い点は、漫画家の腕次第でいくらでも吸収される程度の問題ですから。

SEDESUさんが、自己表現として『コミPo!』内部で完結した部分を目指すのか、それともこれを原作として、商業作家を目指すのか、自分には分かりません。きっかけとしての『コミPo!』と、その先の書き手の進路の在り方は別でしょう。

それは、『コミPo!』を提供する側の考え方とかとも、関わってきますけどね。完結した作品制作ツールと、過渡的作業支援ツールとしての、ゴールの設定。別の軸線だというのは、明確に打ち出したほうが良いのかもしれませんね。

田中:こういった眠れる才能を発掘できるツールが『コミPo!』なのですから、新人賞の規定に『コミPo!』でもOKとすべきではないかと思います。ただでさえ雑誌は売れなくなってきているし、才能ある新人の発掘は難しくなってきているので、『モーニング』の編集長がおっしゃっていた「面白ければどんな手法でもOK」という広い間口を用意すべきだと思います。

それと、『コミPo!』を使ったユーザーがどこに到達点を置くか、という問題はさほど重要ではないと思います。ボクらの世代では、手塚さん石ノ森さんの『漫画入門』が書店で買えたし、近所の文房具屋でペン先が買えたのです。ツールが手近な所にあり、多くの人がツールに触れることが重要です。その分母が大きければ、そこからプロを目指す人も同人で満足する人も多くなります。『コミPo!』をライトユーザーに普及させたいと思うのは、そういう裾野を広げることに価値があると考えるからです。

喜多野:前の内容と重複しますが、才能が生み出される土壌の拡大は、重要だと思います。絵が描けなければ漫画の制作には関われないという思い込みを打破するのも。ただ、現状では『コミPo!』は原作用の投稿に限定した方が、無難そうです。

講談社の『MANGAOPEN』は、あくまでも商用プロとしての作品募集ですよね。旧来の漫画賞ほど書式や素材にこだわらなくても、求めるのはプロの可能性。原作として素材屋に徹する覚悟がないと、ちょっと辛い場面も出てきますね。

あと、これは本論とズレるんですが、原作の審査が大変とか、泣きごとをいうなと(笑)。

スチームトム:ま、またもや『モーニング編集長』の事を……!(焦)

●編集者への有用性は

漫画の言語

喜多野:あら、やっぱりあのお方でしたか。やっぱり自分とは考え方が根本的に違うわ(笑)。あくまでも一般論として聞いてくださいね。

スチームトム:“(笑)“が怖い・・。

喜多野:編集者は「プロットが大事だ」「アイデアを言語化するのが大事」とか言いますよね。それって単に自分が楽したいからって部分が多いので、気を付けないといけません。

漫画の編集と言っても、本当に適正がある人間は、ごくごく一握りですから。文字原稿を読んで、頭の中でネームが切れるのは、さらに少ないんですよ。また、漫画なら数分で読めるものが、文字原作だと数十分かかるのが現実。

映画の世界でプロットが発達したのも、要するにプロデューサーの要求です。90ページから120ページもあるシナリオを読んでられないから、要約しろと。でも、要約できないからこその作品作り、という側面も確実にありますからね。

作家が『コミPo!』で可能性を広げるのは良いのですが、編集者はどうなのか。先にも書いたように、ネーム原作だからこそ、イメージを限定することもある。文字原作だからこそ、作画担当者の解釈の余地があるわけですからね。

梶原一騎はネームの変更は嫌っても、コマ割りや演出には文句は言わなかった。文字原稿だったため、ちばてつや先生は力石徹を大柄に描いてしまったけど、でも結果的にそれが、漫画史に残るドラマを生み出したわけですからね。

原作付きだろうがオリジナルだろうが、作品にはある程度の緩さがないと、展開の中で生まれるダイナミズムを失ってしまう事は、プロなら経験済み。編集者が楽しては、新たに見つける才能と見逃す才能で、総数同じになりかねない。

一色:もしも編集者の職能に理想を求めるなら、ネームというモノへの理解がより強くあると良いとは思います。抽象論や的外れではなくネームを読み解いて直せる力があると良いなと思いますし、本当にネーム作りのノウハウへの理解があるならば『コミPO!』を使ってネームを作れてもいい。

喜多野:そうそう。現場の理想としては、間違いなくそれはありますけれどね。編集は基本的に絵は描けませんから、『コミPo!』は有効でしょうね。中途半端に描ける編集は、かえって技術の限界で発想が限定される。まったく描けないなら、逆に『コミPo!』で自由な発想で描けるでしょう。むしろ『コミPo!』のライト層向きの内容なら、漫画家側の発想を制限しない形で、提示できるツールになるかもしれませんね。

一色:ネームの構造への理解が深まる事が、実際に『コミPO!』を使ったネームを編集者が打ち合わせの現場で用いるのではないにしても、漫画家と編集者がより“漫画の言語”で話せるようになる可能性があるとは思います。

喜多野:『コミPo!』を使うことで、描き手の漫画家のみならず、編集者や原作者(小説化や脚本家を含む)が、漫画の言語を理解する一助になるような仕組みが、今後組み込んでいければさらにいいですね。

単にテンプレ的に素材を増やすのではなく、シチュエーションごとの使い方の漫画の文法を、イデオム的に整理統合できればイイんですが。そこは自分などの課題でもあるんですけどね。

●漫画理論の体系化と整理へ

漫画作り理論の体系化と整理

喜多野:『コミPo!』でカバーできるのはどこまでで、逆にできないのはどこからなのか。田中さんは分かっているんでしょうけれど、一般の投稿者ではどうか?『コミPo!』を魔法のツールと勘違いしては、むしろ可能性を狭めてしまう。

前のページ 1 2 3 4 5 6次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき