ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一品勝負! 神田の「カオマンガイ」専門店

一品勝負! 神田の「カオマンガイ」専門店

J-WAVE土曜の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「JR EAST STATION TO STATION」。6月27日のオンエアでは、神田のカオマンガイ専門店を紹介しました。

東京にはタイ料理店は数あれど、「カオマンガイ」の専門店は珍しいのではないでしょうか。カオマンガイとは、丸鶏を茹でたスープでタイの長粒米を炊いたもので、タイの調味料で作ったオリジナルのタレで食べます。シンガポールのチキンライスに似ていますが、かけるタレにつかうスパイスが違うので味も大きく変わってきます。

こちらのお店、世界中を飛び回る仕事をしていたオーナーが、ふと立ち寄ったタイの屋台で食べたカオマンガイの美味しさに心奪われ開いたそうなのですが、なんとオーナーはタイ料理が嫌いだったそう。嫌いだったものを180度覆し、好きにしてまうカオマンガイの味……一体どんな味だったのでしょうか。気になります。

同店のカオマンガイには、赤ダレ・黒ダレ・レモンダレ3種類のタレから選ぶことができます。通常のタイ料理店ではカオマンガイのタレは1種類だけのようですので、来店する度にタレの味比べをするのも楽しそう。ご飯の上に乗っているチキンはスプーンとフォークで触れるだけでさけるほど柔らかく煮込まれています。お米は国産のロングライスを使っており、タイの長粒米のパラパラ感と日本の米のモチモチ感の中間くらいの食感にこだわっているのだとか。

こちらのお店、なんとJR神田駅の西口から徒歩30秒という近さ。実際にお店を訪問して「カオマンガイ パクチー有り」(並サイズ690円)を食べたナビゲーターの山田さんも「途中下車しても食べる価値ありです」と絶賛。営業時間は11時30分〜15時、17時〜23時。月曜定休。この週末は、極上のカオマンガイを食べに神田に出かけてみては?

【関連サイト】
「RADIO DONUTS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy