ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オーガニックの「埋葬カプセル」は、最愛の人を「樹木」に変える・・・

150625_capsula-mundi

日本では遺体を火葬することが一般的。海外では土葬するところも多くありますが、お墓参りというと墓石や十字架の並んだ風景が頭に浮かぶもの。

しかし、イタリアのデザイナーAnna Citelli氏とRaoul Bretzel氏によって考案された「Capsula Mundi」は、遺体をカプセルに埋葬し、記念樹を育てるというもの。より自然への還元を考慮し、バイオマステクノロジーを活用したオーガニックなアイディアです。

環境に優しい
オーガニックなカプセル

85singo_スクリーンショット 2015-06-23 19.34.51

遺体を収容するカプセルは、微生物によって肉体を自然に分解できるようになっています。それだけでなく、カプセル自体も、ジャガイモやトウモロコシなどからつくられたバイオマスプラスチック(でん粉プラスチック)でできており、環境への害はないそうです。

もちろん、どんな種類の木を植えるのか選ぶことも可能。未来の共同墓地は森林のようになっていくとも予想されています。

85singo_スクリーンショット 2015-06-23 19.35.11

残念ながら、このデザインが発案されたイタリアでは、法律的な問題もあるため、今はまだコンセプトデザインの段階。しかし、認可が下りて一般的になっていけば、お墓のイメージはガラッと変わってしまうかもしれません。

85singo_biodegradable-burial-pod-memory-forest-capsula-mundi-9-Optimized

じつは、驚くことにアメリカやイギリスの一部地域では同じような埋葬方法がすでに存在しているそう。

「Capsula Mundi」も、近いうちに小さなサイズのカプセルをテスト出来るように調整を進めているそうです。

85singo_スクリーンショット 2015-06-23 19.35.38

亡くなった人々が自然に還り、植物になる。この埋葬方法には、宗教観なども含めて賛否があるようですが、近しい未来には、墓石の手入れが樹木の世話へと代わる…なんて選択肢もあり得るかもしれません。

Licensed material used with permission by The Cupsla Mundi Project

関連記事リンク(外部サイト)

ヒッピーってどんな人?本人たちの意見はこうでした。
紙から文字が飛びでてくる!?トルコのグラフィックデザイナーが描く「3Dカリグラフィー」
プロのバレエ団が「空港で暇つぶし」したら、こうなった!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。