ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ナイジェリアで入場料が5000円以上でも映画が愛され続ける理由

7278538736_e0172b30e2_b

Photo credit: Ghallywood or Nollywood? via photopin (license)

アフリカ大陸の中で、現在注目を集めているナイジェリア。カナダのある世論調査会社によって発表されたランキングでは「幸福度世界2位」を獲得したこともあります。世界でも有数の石油大国であるナイジェリアは、経済面でも世界トップクラス。そのナイジェリアにおいて、今最も熱い分野が映画産業です。

映画館は10館のみ!?

ナイジェリアにおける1年間の作品制作本数は約2000本。これはハリウッドの数字を超えて世界一なのです。しかし、実はナイジェリアにある映画館は10館のみ! これを聞いて非常に少ないと感じる人も多いはず。それに加えて、なんと入場料は5000円以上がほとんどで、現地の人々の収入から考えるととても高額です。入場料が高額な理由は、映画館の中は暗いため犯罪が起こりやすく、そのためにお金持ちしか入れないようにしているからです。そのような制限があるのにもかかわらず、ナイジェリアの人々に映画がこれだけ愛される理由は、売店で手軽に購入できるからです。町の売店では海賊版のDVDが1本100円という低価格で売られており、人々はこれらを購入して自宅で鑑賞することで、映画愛を深めているわけです。

ナイジェリアの「ノリウッド」

アメリカは「ハリウッド」、インドは「ボリウッド」、そしてナイジェリアは「ノリウッド」と呼ばれています。ナイジェリアのNの頭文字をとって「Nollywood(ノリウッド)」と表現されています。ノリウッドで作られた映画は自国以外にも、アフリカ全域で視聴されており、イギリスにはノリウッド専門チャンネルまであります。ここまで愛される理由の一つが、ほぼすべての作品がハッピーエンドで終わるということです。

アフリカは歴史的にも貧困や暴動などの暗い話題が多く、人々はポジティブになれるエンターテインメントを欲していたのです。映画は、まさしくその欲求を満たす存在であり、人々はこの娯楽を楽しむことで暗いことを忘れ、ハッピーな気分になれるのだと思います。

これがこの国で映画が愛される理由です。産業が発達しているアメリカやインド以上に、この国では歴史的な面が大きな影響を与えています。ナイジェリアで映画が愛される理由を知ると、改めてエンターテインメントの重要性やパワーを認識できるのではないでしょうか。

(ライター:Anna Shimizu)
Photo by: Ghallywood or Nollywood? via photopin (license)

103ヶ国を旅した竹沢うるまがアフリカで見た生命の美しさとは

Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。