ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実写映画『進撃の巨人』最新映像公開で物議「ミカサのキスシーンがある」

実写映画『進撃の巨人』の最新映像「立体機動予告編」が、Webおよびテレビを通じて公開され、ネット上で早速物議を醸しております。

今回公開された「立体機動予告編」では、諫山創さんの原作マンガおよびアニメにも登場する、超大型巨人が壁の上から覗くという冒頭シーン等、ファンにはなじみ深いシーンが登場。他にも、立体起動装置を使ったアクションや、巨人の動き含め、再現が難しいと思われていた各動きは想像以上に迫力あるもにになっています。
この点についてファンの間からは「すげえ」「ヤバイ」「このカット割り好き」など概ね好評。

【関連:『進撃』実写にリヴァイ不在理由として囁かれる「身長・体重一致するのは出川しかいないから」説について】

実写映画『進撃の巨人』

しかし、動画1分23秒あたりで登場する「ミカサ(水原希子)のキスシーン」については、批判的な意見も一部でみられており賛否両論。

ちなみにキスシーンの相手は、顔がハッキリうつっておらず「シキシマ(実写映画オリジナルキャラ/長谷川博己)」もしくは「エレン(三浦春馬)」と言われています。

・キスシーンあるのかよ
・キャラ崩壊にも程がある
・ミカサとシキシマがキスしてて草
・エレン?シキシマ?どっち
・どゆこと!?
・進撃でキスシーンとか複雑
・作った人原作読んだ?
・キスシーンあるの?話全く違うじゃん
・キスシーンって原作にあったっけ?
・これファン切れて当然

筆者も一応みてみましたが、キスのお相手はシキシマ役の長谷川さんに見えるような……気がします。ハッキリしませんが。

実写映画『進撃の巨人』

シキシマは映画オリジナルキャラクターで、『人類最強の男』とされています。原作に登場し、本作には登場しないリヴァイと設定が重なることから(身長除いて)、ポストリヴァイとみられる役どころ。物語には何らかの影響を与える人物であることは間違いなさそうです。

映画『進撃の巨人』は、前後編2部構成となっており前編が8月1日公開、後編が9月19日公開を予定。主題歌はSEKAI NO OWARIが担当します。

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy