ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国外初配信! 糸井重里てがけた名作RPG『MOTHER』WiiUで復活

国外初配信! 糸井重里てがけた名作RPG『MOTHER』WiiUで復活

EarthBound Beginnings – E3 2015 Trailer (Wii U)」/スクリーンショット
任天堂の名作RPG「MOTHER」シリーズの第1作『MOTHER』が、Wii Uのバーチャルコンソールで配信されることがアメリカ最大規模のゲーム展示会「E3 2015」で発表され、6月15日(月)よりニンテンドーeショップにて販売開始となった。価格は617円(税込)。

今回の発表は「MOTHER」シリーズのゲームデザインをつとめたコピーライターの糸井重里さんから行われ、その人気の高さにも関わらず日本国外では未発売だったタイトルだけに、海外ファンには特に嬉しいニュースとなった。

名作がよみがえる! 海外「MOTHER」ファンにも朗報!

『MOTHER』は、1989年にファミリーコンピューター用のソフトとして販売されたRPG。

架空のアメリカを舞台に不思議な事件に巻き込まれていく少年と仲間たちの物語が展開され、既存のRPGが中世の北欧などをモデルとした「剣と魔法の世界」を舞台とした作品が主流だった当時、現代を舞台にし、魔法ではなくPSI(超能力)を使うといった独自の世界観を提示し、話題を呼んだ。

また音楽には、アニメ「ポケットモンスター」シリーズの主題歌や数々のゲーム音楽を作曲した田中宏和さんと、ミュージシャンの鈴木慶一さんがタッグを組んだ独特なBGMを採用。本作の大きな魅力の1つとなっている。

のちにスーパーファミコンで『MOTHER2 ギーグの逆襲』、ゲームボーイアドバンスで『MOTHER3』などヒットを生み出している同シリーズ。海外ファンにとっては待望の配信となった。

引用元

国外初配信! 糸井重里てがけた名作RPG『MOTHER』WiiUで復活

関連記事

KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy