ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

しょこたん、園子温監督の映画『ラブ&ピース』試写会に登壇「愛とはズバリ“エナジー”」

しょこたん、園子温監督の映画『ラブ&ピース』試写会に登壇「愛とはズバリ“エナジー”」

園子温監督が愛をテーマに描いたオリジナル作品『ラブ&ピース』が6月27日よりTOHOシネマズ新宿ほかで全国ロードショーとなる。本作の公開を記念して、6月13日アスミック・エース試写室にて、フランス人形の“マリア”として声の出演をしている中川翔子のトークショー付き女性限定【LOVE】試写会が実施された。

女性限定の試写会ということで、本作を観終えて女性客であたたかな感動に包まれた会場に、地下世界で暮らすフランス人形・マリア役の声優を務めた中川翔子がマリアを意識した水色のドレスに身を包み登場。実際に撮影で使用したマリアの人形と対面した。

また、「TOKYO TRIBE」以来の園子温作品に出演した感想を聞かれると「大好きな園子温作品に、声をかけてもらってすごくうれしい。『冷たい熱帯魚』を撮った監督と同一人物ですよね?っていうくらい感動できるしハートフル。まさか園子温作品について女子だけで語れるなんて最高ですね!」と興奮気味にコメントした。監督との仕事については「劇中の地上世界では麻生久美子さんがヒロインで、マリアは地下世界でのヒロイン的な役。マリアの歌声から合唱になるシーンは監督がアドリブで任せてくれて、信頼されている感というのがあった」と語り、現場では「すごく怒鳴られたり怒られたりするのかなって、ドキドキしつつ楽しみにしていたらすごく優しくて。『ベイブ』が好きという話をしてくれて、イメージと全然違ってそれもステキだったし、『こういうのが本当に撮りたかったんだよね』と話してくれたのがすごく印象的でした」とエピソードを披露した。

中川演じるフランス人形のマリアも、持ち主の「愛」を求める役ということから、「子どもの頃、実家にマリアに似たフランス人形があって、怖いと思って捨てたのにおばあちゃんが見つけて持ってきちゃったことがあって、すごく怖くて」と当時を振り返りつつ、「ものにも魂が、心があるなと思うと、大人になった今すごく申し訳ないなという気持ちがあって。今こうしてご縁があって出演させていただきました。マリアが一生懸命走るシーンでは、どんどんボロボロになっていくのが演じていてすごく切なかった」とマリア役についてコメント。また、主人公のペットで亀のラブちゃんについて「主人公のために見返りを求めず一生懸命になってくれるところがすごくステキ。私も帰って(愛猫の)マミタスをなめまわしたい」と語った。

本作のテーマはずばり「愛」。「ラブ&ピース」チェックと題して、会場に集まった女性客と一緒に愛にちなんだ質問が出題され、「長谷川博己さん演じる鈴木良一のような、夢を追いかける男性が好きだ」という質問には、「夢がないとさみしいですね。自分にないものを持っているというのは興奮しちゃいますね。でも良一みたいに途中で変わってしまって、調子に乗り出したらしかってあげるのが女子の仕事じゃないですか?」と女性ならではのコメント。また「私の人生に足りないピースは愛だ」という質問には「まだまだ経験値が足りないなって思います。今レベル30だけど、これからの大きな目標として、園子温作品に参加するという夢は叶った。祖母の遺言で愛の讃歌を歌う人になってねと言われて、もっと経験値を積んで、愛を一杯知って孫の代まで継ぐくらいまで行けたら愛の讃歌もちゃんと歌えるんじゃないかなと思います」とコメント。

愛に関するトークに会場が盛り上がった後は、中川が愛について「エナジー」と書いた掛け軸を披露。「嬉しいことや楽しいこと辛いこと、幸せなこととか何をするにも愛があればエナジーになる。愛を持って生きれたらいいな」と中川節を披露し「愛というものは深くて濃くて、人類の謎ですね。でも迷って見つけてまた無くして、深いです」と続けた。

終了間際には「ここからが女子会、っていうところなのに時間が全然足りないですね!」と惜しみつつ「すごくピュアでストレートで、人間だから傷ついたり失敗したりといういろんな気持ちがギュッとつまっている。日本版『トイストーリー』のようでもあるし、ティム・バートンの世界のようでも。さらに日本だからできる特撮も見られるしラブストーリーもあって見るたびにジワっときますこの味わい深さ、先が読めなさすぎるので一度園子温世界にハマっちゃうとなかなか抜け出せないですね」と『ラブ&ピース』への愛に溢れたコメントで見どころをアピールし、イベントは終了した。

映画情報
『ラブ&ピース』
監督・脚本 園子温
主題歌:RCサクセション「スローバラード」
特技監督:田口清隆
出演:長谷川博己 麻生久美子 渋川清彦 奥野瑛太 マキタスポーツ 深水元基 手塚とおる / 松田美由紀 西田敏行
<声の出演> 星野源 中川翔子 犬山イヌコ 大谷育江
©「ラブ&ピース」製作委員会
公式サイト:http://love-peace.asmik-ace.co.jp/
6月27日(土)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー

関連リンク

中川翔子 オフィシャルサイトhttp://www.shokotan.jp/
中川翔子Sony Music オフィシャルウェブサイト「しょこ★たいむ」http://www.sonymusic.co.jp/artist/ShokoNakagawa/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。