ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

首都巨大地震 首都高速で注意すべきは老朽化進む「横羽線」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5月30日に小笠原諸島西方沖で発生したマグニチュード8.1の地震では、一時的とはいえ関東でも交通網が麻痺した。多くの路線で電車が運転を停止せざるを得なくなったのだ。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏が指摘する。

「地下鉄よりも地上を走る路線のほうが危険は大きいと考えられる。特に山手線圏内には耐震性の低い橋脚が多く、地震で崩落すれば車両が脱線や衝突をしかねない」

 高速道路にも危険が潜む。老朽化が指摘される首都高で注意すべきは横浜から羽田に向かう「横羽線」だ。

「首都高の中でも海沿いを走るため道路が塩分に浸食され、老朽化が激しく進んでいる」(前出・和田氏)

 エクスプラス災害研究所の伊永勉所長によれば、阪神地域でも警戒すべきスポットがあるとして、高級住宅地として知られる兵庫県の山の手地域を挙げる。

「宝塚から西宮、芦屋と続く地域の地質は昨年8月に土砂災害が発生した広島市と同じで非常に脆い。特に雨後に地震が起こると地盤が崩れやすく、住宅数や人口が多い芦屋周辺では広島以上の被害も想定される」

 南海トラフ地震の警戒を呼び掛ける政府のアナウンスでは、最大20m超と予想される太平洋沿岸部の津波被害にばかり目が行きがちだ。しかし、実際の被害は「近代都市ならではのリスク」によって増幅することを覚悟しておく必要がある。

※週刊ポスト2015年6月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1年間で震度5弱以上の地震が70回発生 福島では26回も
東京都総合防災部 五輪開催中に直下地震起きても乗り切れる
首都直下地震起きたら帰宅難民650万人、避難所生活460万人

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP