体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

℃-ute横浜アリーナ公演が大成功!彼女たちの10年前を振り返る5つの出来事

℃-ute横浜アリーナ公演が大成功!彼女たちの10年前を振り返る5つの出来事

6月11日、5人組アイドルグループの℃-uteが初の横浜アリーナ公演を開催。ちょうど10年前の2005年6月11日に結成された彼女たちは、10年間の活動で培ったパフォーマンス力を堂々と見せつけ、集まった1万2000人のファンは熱狂。この日までにグループを去っていった有原栞菜、梅田えりか、村上愛という3人の元メンバー、そして現在療養中のプロデューサー、つんく♂の思いも背負い、自分たちの10年間に見事に落とし前をつけたのだった。

2005年の結成当時、最年少メンバーである萩原舞はわずか9歳。それから10年にわたる活動の全てがこの日のステージのためにあったと言えるほどの、まさに集大成的なコンサート。オープニング映像では最新のシングル曲から過去へと戻っていき、ステージでの1曲目であるインディーズデビューシングル『まっさらブルージーンズ』に繋がるという構成にファンは大歓声を送る。10年間の℃-uteの意地と決意が発揮されたステージとなった。

10年間、とひとことで言ってしまえばそれまでだが、その時間はあまりにも長い。2005年の流行語大賞は「小泉劇場」「想定内」であり、「ジャンガジャンガ」や「武勇伝」あるいは「電車男」が流行したのもこの年だ。ちょっと懐かしい気分に浸ってしまうほどの昔である。それから10年、℃-uteはずっと℃-uteでい続けた。まさに歴史的なアイドルグループと言っていいのではないだろうか。

というわけで本日は、℃-uteが結成された2005年の出来事を、℃-uteの5人のメンバーの活動や個性とともに振り返っていきたい。ああ、そんなこともあったなあ、と懐かしみながら、℃-uteの魅力が伝わってもらえれば幸いである。

<首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線が開通>

東京・秋葉原駅と茨城・つくば駅の間につくばエクスプレス線が開通したのがこの2005年である。これにより東京と茨城が高速で繋がることになったわけだが、ハロー!プロジェクトで断トツのエクスプレス能力を持っているのが℃-uteのリーダー、矢島舞美だ。その身体能力が尋常ではなく、かつて開催されていたハロー!プロジェクトのスポーツフェスティバルでは徒競走系の種目で空気を一切読まない圧勝につぐ圧勝。「スポフェス荒らし」の異名を我が者にした。

ちなみに先日の2015年6月11日の横浜アリーナ公演では、エクスプレス伝説が若きハロプロ研修生に継承。「DANCEでバコーン!」が始まるやいなやハロプロ研修生が横浜アリーナの通路を全力で駆けて行くという演出は、かつての矢島舞美のエクスプレスに対するオマージュだと言えるだろう。こうしてエクスプレス伝説は、次世代へと引き継がれていくのであった。

<青色発光ダイオード訴訟で発明者に対し8億円を支払うことで和解>

化学メーカーに勤務していた中村修二氏が訴訟を起こしたいわゆる「青色発光ダイオード訴訟」が、最高裁で2005年に和解。第一審の604億円という金額から大幅に減じる形での結末となった。後に中村修二氏は、ノーベル物理学賞を受賞することになる。

この中村修二氏による青色発光ダイオードの発明と製品化がなければ、現在の℃-uteメンバー、中島早貴は存在しなかったと言ってもいい。なぜならば中島早貴のメンバーカラーが、青(正確に言えばスカイブルー)だからだ。もしも青色発光ダイオードが発明されていなければ、現在アイドル現場での主流であるLED使用ペンライトは存在していない。そうなれば中島早貴のソロ曲やMCで青いペンライトを振ることが出来ないということになるわけで、そんなのは悲しすぎる。中村修二氏の努力によって、我々のアイドル現場が輝いているということに、改めて感謝したい次第だ。

<長州力、新日本プロレスの現場監督として復帰>

2002年に現場監督の任を剥奪され新日本プロレスを退団、その後WJプロレスを旗揚げするも頓挫した長州力が、突然現場監督として古巣に復帰したのが2005年である。2015年現在、再びプロレスブームが叫ばれているわけだが、それから考えると当時のプロレス界のすったもんだが懐かしく思えてならない。

最近になって滑舌の悪さで脚光を浴びることの多い長州力だが、アイドル界で最も滑舌がよろしくない一人と言えば、℃-uteの鈴木愛理だ。特にMCの際にはほぼ何を言っているか聞き取れないことで有名だが、ひとたびマイクを握れば抜群の歌唱力で見るものを圧倒する。思えば順風満帆とは言えない日々も過ごした℃-ute。イベントにお客さんが2人しか来なかったという時代もあった。だがそれでも長州力と同じく、反逆の精神を心に抱いて10年ものあいだ鍛えてきたからこそ、いまの℃-uteのパフォーマンスがあると言って過言ではないだろう。

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。