ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏の日焼け対策に新たなアイディア?各国の日焼け止め事情とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Saki Asao「【メキシコ】 絶景! グアナファト -カラフルな世界遺産都市-

TRiPORTライターの八木彩香です。
この季節になると、毎年ドラックストアなどには数多くの日焼け止めクリームが並びます。SPFだかPDFだが少し難しい数値が表示され、さらに「ウォータープルーフでしっかりガード!」「洗顔だけで簡単に落とせる!」など、各社が魅力的なキャッチコピーを掲げ、鎬を削っています。

日本では日焼け止め対策として薬用クリームを使うのが一般的ですが、各国で日焼け止め事情は異なるようです。さっそく数名にインタビューしてみました。その様子をお届けします。

メキシコ

-メキシコって日差しが強いけど、日焼け止め対策とかある?
そうだなぁ、アロエベラやサボテン、リュウゼンカツラから作られたクリームやエキスを塗るね。
-リュウゼンカツラってテキーラの原料だよね。酔わないの?(笑)
まだテキーラになってないから大丈夫!

中国

Photo credit: Daisuke Taniwaki「中国国家AAAAA級風景区

-中国での日焼け止め対策は?
トマトには抗酸化リコピンって言うのがあって、毎日16gの摂取で日焼けを40%カットできると考えられているから、朝に摂取してから出かけることもあるよ。ほかには、きゅうりを切って顔に貼るとか。主な目的は水分補給だけど、美白効果もあるって聞いたことがあるね。多分普通にやっている人も多いんじゃないかな?

イタリア

Photo credit: Guarini Letizia「甘い生活のローマでThe Great Beautyを 探す

-イタリアの人は日焼けって気にするの?
街を歩くときも日焼けしちゃうっていう意識があまり高くないので、なにもつけない人が多いですね。一般的にイタリアでは日焼けしたほうが健康的で美しいと考えられているので、わざと日焼けする人が多いんですよ! 海に行くときでも日焼け止めはSPF15以下のクリームを使う人がほとんどです。

アフガニスタン

Photo credit: Aleksandra Savenko「Afghanistan in May

-アフガニスタンでは日焼けしないように、何か工夫してる?
日本と同じように肌が白いほど美しいとされていますので、もっと肌を白く見せるためにお化粧をしますが、日焼け止めを肌につけたりはしないです。女性は日傘を使ったり、スカーフで顔を隠したりして、紫外線から肌を守ります。

「日焼け止め」というトピック一つでも、お国柄が出ていて意外なアイディアを聞くことができました! なかには今すぐにでも使えるテクニックがあったのではないでしょうか。 

(ライター:八木彩香
Photo by: earthlydelights via Flickr (license)

関連旅行記

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP