ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝9時前に、コーヒーを飲んではいけない理由。「目覚めの一杯に要注意!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もしかしたら、あなたは間違った時間にコーヒーを飲んでいるかもしれません。
というのも、今「朝9時前にコーヒーを飲んではいけない!」という、ちょっと意外なメッセージの動画が話題になっているんです。その内容とは?

ストレスホルモン
コルチゾールの分泌が関係していた!

人間は、誰もがサーカディアン・リズム(生体リズム)と呼ばれる体内時計を持っています。そして、サーカディアン・リズムは、コルチゾールというホルモンの分泌を調整する役割を担っています。じつはこのコルチゾール、ストレスに敏感に反応するホルモンと知られています。脳を覚醒させる働きがあり、とくに朝の8時〜9時の間に分泌されるのだとか。

時間に注意!
カフェイン耐性がついてしまう

ここで話をコーヒーに戻しましょう。
朝8時〜9時に、カフェインの入ったコーヒーなどを飲むことで、コルチゾールの分泌が減少してしまうのです。結果、体内ではカフェインに対する耐性がついてしまい、今までより多くのカフェインをカラダが欲するようになります。

コーヒーを飲む前に…
まずは時計をチェック!

ですから、朝起きてコーヒーを飲む習慣のある人は、午前9時以降に飲むことをオススメします。
また、お昼の12時から午後13時、午後17時30分から18時30分も同様にコルチゾールが多く分泌されるので、この時間も避けたほうがベターです。

朝早く目覚めてしまったら…
いつ飲めばいいの?

では、もし朝早く起きてしまった場合、すぐにコーヒーを飲むべきでしょうか?  コルチゾールの分泌量は、起床時間に関わらず、目覚めた直後に50%ほど増量するといいます。研究者は、目覚めてから1時間は時間をあけてコーヒーを飲むことが理想的と語ります。

今までコーヒーを飲む時間を、あまり気にしたことがなかったのでは? 今日から少し時間を考えて飲んでみてはいかがでしょうか。
ここで紹介した内容は、興味深い科学情報を紹介するYouTubeチャンネル「AsapSCIENCE」に掲載されていたもの。詳しく内容をまとめている動画は、コチラから。

Licensed material used with permission by AsapSCIENCE

関連記事リンク(外部サイト)

30代女性が食生活で気をつけるべきこと。鍵は「ホルモンバランス」に!
給料を上げると、仕事できなくなる?キャリアアナリストが明かす「やる気に関する、驚きの科学」
「ストレス」は人生によかった!?健康心理学者が語る、ストレスとの上手な付き合い方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP