ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

肥満に繋がる中性脂肪 油ではなく炭水化物の取り過ぎが原因

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ダイエットにまつわる常識は日々変化している。これまで信じ込んでいたが実は間違いだったということも少なくない…。「上書き」すべきダイエットの新常識を専門家に聞いた。

【これまでの常識】ダイエット中に控えるべきは肉や油

【上書きポイント】控えるべきは炭水化物。カロリーよりも糖質制限が効果的

 AGE牧田クリニック院長で糖尿病が専門の牧田善二さんはこう語る。

「肥満の原因となる中性脂肪は、油ではなく炭水化物(糖質)の摂りすぎによってつくられます。肉や魚 などはたんぱく質が主成分で、アミノ酸になって体に吸収されるのですが、これは血糖値に影響を与えません。

 また、油も紅花油やえごま油などのように、不飽和脂肪酸を多く含む油はコレステロールを下げる働きも。ですから、肥満の原因になるのは、肉や油よりも炭水化物。ダイエットをするなら、カロリー制限よりも糖質制限の方が効果的です」

※女性セブン2015年6月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
最近ブームの糖質ゼロと糖質オフ どう違うのか?を解説
実は逆効果か 糖質制限、単品だけ食べダイエットの落とし穴
高須克弥院長 職場のウツ病の一因は「低糖質」にあると分析

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP