ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

徳光和夫氏「猪木さんが長嶋茂雄で馬場さんは王貞治だった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャイアント馬場とアントニオ猪木、ふたりのスーパースターの活躍を軸として日本プロレスの軌跡を振り返る、ライターの斎藤文彦氏の週刊ポストの連載「我が青春のプロレス ~馬場と猪木の50年戦記~」。今回は、馬場と猪木の全盛期と、そのキャラクター、人間性をよく知る人物として徳光和夫氏(元日本テレビ・アナウンサー)の話を聞いた。

 * * *
 国内最初の民放として開局(昭和28年)した日本テレビは、昭和29年2月、日本のプロレス史のプロローグである力道山&木村政彦対シャープ兄弟の一戦を中継。プロレスとは古くから密接な関係にあった。

 プロレス中継番組の実況アナウンサーは、佐土一正氏と清水一郎氏の2人で、佐土氏は力道山の現役時代のほとんどの試合の実況を担当、清水氏は力道山時代の昭和32年から馬場・全日本時代の昭和53年まで約20年間にわたり“プロレス中継の声”として活躍した。

 徳光氏は、当時の状況をこう振り返る。

「佐土さんはニュースを読まれたり、清水さんはドキュメンタリーのナレーションを担当したりで、ほかにも番組を持たれていた。プロレス中継の実況は、なり手がいなかったんでしょうね。私自身は、プロレスにはアレルギーというか、嫌悪感を持っていました」

“プロレスの父”力道山が生きていた昭和30年代後半──徳光氏の学生時代──の時点で、世間一般にはすでにプロレスに対する“八百長論”が定着していた。

 そんな徳光氏の心を揺さぶったのは、尊敬する先輩アナウンサーであった清水氏のアドバイスだった。

 清水氏は、23歳の新人アナウンサーだった徳光氏に、こう語ったのだという。

「なあ、徳光、そもそもスポーツはショーだろ。プロレスは最高のショーだぞ」

「プロレスというものは、受け身のスポーツだ。いかに技を大きく見せるかだ。そのために選手は体を鍛えている。それを八百長だなんだというのはおかしい」

 昭和39年は、馬場が2回目のアメリカ長期ツアーから凱旋帰国し、日本プロレスのエースとなった年。猪木は海外修行中だった。馬場は昭和16年生まれの徳光氏よりも3つ年上だったが、徳光氏は馬場に対してプロレス中継番組の“同期”という感覚を抱いた。

「清水さんの『2m9cm、134kg、世界の巨人、ジャイアント馬場がトップロープをひとまたぎして入場』という実況を聞いてカッコイイなあ、と思いましたね」

「レスラーの強さは、技を受ける強さ。技を仕掛けられた選手の受け身、受ける選手の痛さをしゃべったほうが観ている人たちに伝わる。それを心がけました」

「馬場さんは耐えて耐えて、忍んで、力を温存して、攻撃しているほうが疲れてきたころを見計らって最後に逆転するという美学を持っていた」

 リング上にいる馬場は、スケールの大きいプロレスラーで、リングを降りた馬場は「ロマンがあり、人間的に魅力のある方」。徳光氏は馬場から「よく考えて、二の足を踏め」という格言を授けられたのだという。

「才能があったのは猪木さんで、馬場さんは努力の人。猪木さんが長嶋茂雄で、馬場さんは王貞治だった」

■斎藤文彦(さいとう ふみひこ)/1962年東京都生まれ。早稲田大学大学院スポーツ科学学術院スポーツ科学研究科修了。コラムニスト、プロレス・ライター。専修大学などで非常勤講師を務める。『みんなのプロレス』『ボーイズはボーイズ-とっておきのプロレスリング・コラム』など著作多数。

※週刊ポスト2015年6月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
A・猪木 プロレスの枠を超える「対世間」を意識していた
「日本プロレス史上最も盛り上がった」と評される大会とは?
ジャンボ鶴田の就職時「尊敬する馬場さんの会社選びました」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP