ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フジ退社の松尾紀子アナ 「局の余裕の象徴だった」と関係者

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月いっぱいでフジテレビを退社することが明らかになった、松尾紀子アナウンサー(55)。松尾アナは1983年、慶應義塾大学文学部からフジテレビに入社。当時のフジと言えば、『なるほど!ザ・ワールド』の益田由美アナや『オレたちひょうきん族』の山村美智子アナがそれまでの女子アナ像を覆し、バラエティ番組で大活躍していた時代。そのなかで松尾アナは報道番組を担当。ほかの女子アナとは一線を画す存在だった。

 フジテレビでは、今年2月に益田アナが同局女子アナ初となる定年退職となり、松尾アナが最高齢となっていた。

「女子アナ30歳定年説」が通説となっているが、実際、定年まで勤めあげる女子アナはほとんどいない。たとえば日本テレビの場合、1980年入社の井田由美アナが最高齢。その井田アナも2004年に報道局解説委員となり、2012年に復帰するまでアナウンス部を離れていた。その下は、1990年入社の豊田順子アナで、ほかの1990年代入社は森富美アナと延友陽子アナだけ。TBSは1987年入社の長峰由紀アナ、テレビ朝日は1993年入社の大下容子アナが最高齢になる。フジテレビ関係者が話す。

「他局だと、30代になると、他部署に異動したり、退職したりするケースが目立ちます。一方で、フジは女子アナに対して優しい局。結婚・出産で育児休暇を経ても、アナウンス部に戻って来られる雰囲気があるし、居心地がすごく良い。松尾さんは、アナウンス室の局次長まで上り詰めましたし、その象徴的な存在でした」

 松尾アナは2児の母となっても他部署に異動することはなく、入社以来一貫してアナウンス部に所属した。“ママさんアナウンサー”の先駆けと言えるだろう。

「フジはベテランになっても、子供を産んでも、アナウンス部に残れて、若い頃のように遮二無二働く必要もない。実際、近年の松尾アナは画面に姿を現わす機会も少なくなりましたが、そこに局全体の余裕を感じたものです。でも今回、松尾さんが辞めてしまうことで、フジ全体に余裕がなくなっているようにも思え、なにか時代の流れを感じますね」(同前)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
妖艶な阿部知代と40代童顔の西山喜代恵 フジの屋台骨支える
チノパン 背中のぱっくり開いた黒のドレス姿でセレブ感満載
戸部洋子&森本さやかアナの結婚披露宴“勝負服”2ショット

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。