ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

徳光正行アナ 子供がいたら離婚しなかったかもと振り返る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女性セブン2月19日号で報じた、フリーアナウンサー・徳光正行(43才)とフリーアナウンサーの田野辺実鈴(32才)との離婚。当初は父・徳光和夫(74才)の親バカっぷりによる、舅嫁問題が原因かと取り沙汰されていたが真相はいかに…?

 新著『もんぺ町ヨメトメうぉ~ず』(小学館)で、嫁姑問題を取り上げている倉田真由美さん(43才)が正行の離婚問題の真相を訪ねた。

倉田:両親との不仲じゃないとすると、離婚の原因はなんだったんですか?

徳光:全部、ぼくが悪いんですよ。昨年12月に離婚話を彼女の方から切り出されたんですけど、いやあ、ぼくにとっては青天の霹靂でした。

倉田:結婚生活はどれくらいだったんですか?

徳光:結局、4年半です。

倉田:4年半か。自分としては結婚生活はうまくいっていたと思っていたんですか。

徳光:そうです、大体は。まあ、子供が欲しいという話を彼女はしていたのですが、ぼくとしては、「今じゃないな」という思いが漠然とあって、先延ばしにしていたんですよ。ふたりで遊んでいたりしてとても楽しいし、ぼく自身が子供なので(笑い)。

倉田:自分で「子供」っていってますけど、ピーターパンみたいなタイプの人なんでしょうね。

徳光:そうかもしれません。

倉田:心がピーターパンの男の人って、みんな見た目が若いんです。心が表面に出るというか、夫も年齢よりも若く見えますもん。子供だから。

徳光:幼稚なんですよね、ぼくは。で、覚悟を決められない。だから、彼女は「ずっと一緒にいても、この人は覚悟ができる日がこないだろう」と思ったんじゃないかなと思います。それで、離婚を考え始めたんでしょう。だから、逆に、子供がいたら離婚しなかったかもしれないですね。

倉田:なるほどなあ。

徳光:完全にぼくと彼女の間の問題なんです。というか、ぼくが問題だったというか。

倉田:でも、離婚に至るまでには、話し合いはされていたわけでしょう?

徳光:いや、核心をつくような話し合いは、結局、していないですね。

倉田:そうなの? 感情をぶつけ合うみたいなことは? 「私はどうしてもこうしたい」とか「ぼくはこうしたい」とかもなかったんですか?

徳光:彼女からは、それなりにありましたけど…。

倉田:そういう激しい直球は、のらりくらりとかわしていたんですね。

徳光:そうですねえ…。それで、昨年の年末ですよ。録画していたものまね番組を見ていたら、リビングのテーブルの方に呼び出されて、いきなり怒られたというか、離婚を切り出されたんです。

 せっかく楽しくテレビを見ていたのにですよ。その時は、「ふたりでまた頑張ろう」ってぼくが話をして、落ち着いたと思ったんです。でも2日後にまた…。彼女からは「もう遅い」と言われました。「私は 覚悟ができている」って。もうドラマみたいな感じですよ。離婚届の片方にサインが書かれて、はんこも押されていて…。

倉田:すごい展開ですね。

徳光:そりゃあ、葛藤はありましたよ。でも、彼女の性格も知ってますから。頑固で猪突猛進というか、一度言い出したら、絶対に意思を曲げない人なので。これはぼくがサインするしかないな、と思って、1か月後に離婚届にサインしました。

※女性セブン2015年6月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宇多田ヒカルの母で演歌歌手・藤圭子の離婚回数は7回、2人
35才弁当配送男性 50代後半十朱幸代似美人にドキッとした理由
少年隊・植草克秀 離婚の原因は「ひと言では説明できない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP