体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

信号も、ベンチも、ゴミ箱も!歩行者に合わせて変化する「未来の街」が素敵すぎる・・・

生活・趣味
85singo_スクリーンショット 2015-06-12 20.46.27

信号待ちの時間や街灯の明るさ。その度合が十分かどうかって、もちろん人によって個人差があるもの。でも、今あるテクノロジーを使えば、一人ひとりに合わせた街づくりが十分にできるはず。そんなコンセプトのもとに作られたのが「Responsive Street Furniture」というプロジェクトです。
以下の動画では、個人に合わせた、街づくりの未来像が紹介されています。

例えば、このおばあちゃん。彼女は視界がぼやけていたり、足腰が弱っていることもあって、早く歩くことが出来ません。

85singo_スクリーンショット 2015-06-12 19.24.36

でも、スマホから個人情報を発信して信号機と交信を行うことで、信号が変わるまでの時間を通常よりも長くすることが出来ます。

85singo_スクリーンショット 2015-06-12 19.25.48 85singo_スクリーンショット 2015-06-12 19.26.15 85singo_スクリーンショット 2015-06-12 19.26.36
1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会