ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピスタチオ ライバルは?に「SEKAI NO OWARIです」と語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ゆったりとしたテンポで、しゃべるたびに変顔をして白目をむく独特のスタイル。気持ち悪いと思いながらも、ハマってしまう人が続出のお笑いコンビ・ピスタチオ。ネタ作りの裏側や意外なライバルについて、彼らに語ってもらった。

――テレビで能年玲奈さんに「白目のプロ」と言われていましたけど、練習の賜物?

小澤慎一朗:ライブに出た時に先輩にいじられて、「白目むいてるじゃん」と言われたから、「むいておりませんっ」(白目をむきながら)って、そこで初めてむいたんです。それがウケたので、白目もアリなのかなって思って。

――ネタはどうやって作っているんですか?

伊地知大樹:ネタを作ろうと思って集まっても、ぼくらできないんですよ。朝方5時とか6時になると、頭のねじが取れてきて、疲れてきて、バカなテンションになるんです。その時にできたやつです、だいたい。

――吉本さんって先輩がたくさんいると思うんですけど、先輩から教わったこととか、心打たれた言葉はありますか?

小澤:パンサーの尾形さんに、いい意味で「誰もお前に期待してないからな」と言われたことがあります。プレッシャーを感じてなにもできなくなるなら、お前にそんなに期待してない。大丈夫、周りがなんとかしてくれるし。いい意味で、そんなにお前に期待してない、って。

 ライブなどでご一緒させていただいて、こういうときになにもできなかったんですよね、と言ったら、「へこんでる暇があったら頑張れよ。誰もお前になんか期待してないから、お前は精一杯やればいい」って。

伊地知:ぼくも尾形さんに感謝していることがあるんですよ。吉本って先輩が奢るシステムみたいなものがあって、5人の後輩を連れて食事に行ったんです。会計が終わってぼくらが帰るときに、別の階で尾形さんが後輩たちと食事していて。そういう時って、気づかないように帰るんです。気づいちゃうと、お金を払ってもらわなきゃいけないような、気まずいじゃないですか。

 だけど気づかれまして、挨拶するじゃないですか。お金は誰が払ったの? って話になって、ぼくがと言ったら、「ごめんな」って財布を取り出して、お金を渡されまして。3年前でパンサーさんもテレビに出始めで、そこまで尾形さんも収入があったわけじゃないと思うんです。なのに「ちょっと今これしかないから」って財布をひっくり返して、札を含めて1円残らず手に乗っけられたんです。かっこいいって思って。こういう人になりたいって思いましたね。

――今の暮らしぶりをお聞きしたいんですけど。小澤さんは2時間半も半身浴をするとか?

小澤:しますよ。半身浴よりサウナとか岩盤浴のほうが好きですね。その間は、なにもしません、無(白目むきながら)。 パックもします。肌は保湿が必要なので。

伊地知:気持ち悪い。イケメンがするならわかるけど、お前がするか。鏡見てみなさいよ。

小澤:その話とこの話は別。保湿しないより、したほうがいいんだから。

伊地知:パックが泣いてるよ。まさかお前に使われると思ってないから。他のイケメンに使われたかったよ。

小澤:イケメンに使われる前に、女性に使われたいでしょうよ。

――伊地知さんも習慣はありますか?

伊地知:バラエティー番組はすごくチェックします。研究というか、今どんな人が出てるのかなとか。バラエティーを1日全部録画して、面白いのは見て、こういうのあったなとか。それに、基本自分を見ちゃうからね、10回は見ますよ。ピスタチオすごいって拍手します。

――ライバルはいますか?

伊地知:SEKAI NO OWARIですかね。やっぱり、どこに行ってもSEKAI NO OWARIじゃないですか、チクショーって思いますね。本当はそこがピスタチオなのにって思ってますね。

――なぜセカオワさんなんですか!? 芸人さんでは、いないんですか?

伊地知:芸人というカテゴリーにいるつもりはないんです。アーティストというか、全部超越した、その上のステージにいきたいなと思っているので。

小澤:でも、憧れてる人はいるよね。

伊地知:高田純次さんです。

小澤:高田純次さんになりたいなら、SEKAI NO OWARIがライバルではないよね。

伊地知:高田さんかっこいいじゃないですか。面識もないし、お会いしたこともないんですけど、こんな楽しそうな人いる? って思うじゃないですか。もちろんスゲー考えているからこそできるんだと思うんですけど、それを見せないというか。60代になったときに同じことができたら、楽しいだろうなって思っちゃいますね。

【ピスタチオ】
東京NSC13期生として出会った伊地知大樹(30才)と小澤慎一朗(26才)の2人により、2010年4月にコンビを結成。2014年末放送の『アメトーーク! 』(テレビ朝日系)パクリたい-1グランプリで優勝。独特の喋りと白目が印象的なキモキャラ芸人として、ブレイク。伊地知は歌舞伎町の元ホストでNo.1の経歴がある。ヨシモト∞ホールにて発動中!


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
役作りにのめり込む黒木瞳と相武紗季 本当に険悪ではとの噂
大前研一氏「親友がいないという悩みはどうでもいい類の話」
子宮筋腫の女性憤慨 セカンドオピニオン求めたら医師が暴言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP