体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BRAHMAN、8月に豪華特典付きベスト盤『尽未来際』をリリース

7月1日に2年10ヶ月振りとなる新曲「其限 ~sorekiri~」を発売するBRAHMAN。その3日後の7月4日には箭内道彦が初めて映画監督を務めるノン・フィクション作品、映画『ブラフマン』の公開を控え、彼らの20周年イヤーはとてつもない勢いで回転している。

BRAHMAN  (okmusic UP's)

そんな中、この記念すべき年を祝うキーワードとして掲げられている「尽未来際」(仏教用語で“永遠の未来”)をタイトルに冠した初の2枚組ベスト盤『尽未来際』が8月12日に発表される。これまでの代表曲を網羅することで、新規のファンには入門編、古参のファンには手元に置いておきたい作品として機能するだろう。

この4人組は、絶え間ないライヴ活動を通して得てきたものを、スタジオワークでじっくりと煮詰めた上でこれまで作品にしてきた。今作は、BRAHMAN激闘の歴史を凝縮した作品なのである。しかも、世間的には“ベスト盤”かも知れないが、決してそうではない。今はまだ明かせないが、今秋に開催が予定されている彼ら主催の20th Anniversary Liveイベントとも密接な関係があるのだ。

2枚組作品である『尽未来際』の初回限定盤には豪華な特典がつく。まずは、20年の歴史を総ざらいした蔵出し映像をパッケージしたDVD。中には、初出以来一度も人の目に触れることのなかった秘蔵映像もあり、昔からのファンはもちろんのこと、最近彼らの存在を知った新規ファンにとってもかなり貴重な内容になっている。さらに、メジャー移籍後に発表したMV全19本を収めたDVDも付属。彼らがこれまでに残してきた渾身の作品をまとめて観るいい機会になるだろう。

さらに、初回限定盤A〈20th Anniversary Edition〉では1995年に初めて制作したDEMO TAPEがまさかの復刻。現在では高値で取引されている希少価値の高い作品なのだが、収録曲のうち、ライヴでもお馴染みの「SWAY」は、収録されていたCD「WAIT AND WAIT」が廃盤のため、音源としては現在入手不可能。そして、「JELLY FISH-MAN」に至ってはこのDEMO TAPEにしか収録されていない。若き日のBRAHMANが放つ激情を、あれから20年を経た今、受け止めてほしい。

初回限定盤A〈20th Anniversary Edition〉にはもうひとつ貴重な特典がつく。BRAHMANを活動初期から追い続けているライヴカメラマン三吉ツカサが撮影・監修を務めるオールカラーの豪華写真集だ。多くの有名アーティストをファインダーに収め続けてきた彼の写真は、BRAHMANファンのみならず、音楽ファンなら一度は目にしたことがあるだろう。そんな彼がこれまでに撮影したBRAHMANの写真全てからセレクトした渾身の写真集が収められる。言うまでもなく、DEMO TAPE同様ここでしか手に入れることはできない。

今秋には、首都圏某所にて20th Anniversary Liveイベントの開催も予定。BRAHMANの4人でなければ到底実現不可能な内容になることは間違いない。世代を問わず、全ロック/パンクキッズが狂喜することになるだろう。同イベントのチケット先行抽選権は全形態に封入される。さらなる続報を待とう。

アルバム『尽未来際』
2015年8月12日発売
【初回限定盤A】〈20th Anniv ersary Ed ition〉
(プレミアムBOX+2CD+2DVD+写真集+DEMO TAPE)
TFCC-86528/¥11,111+税
※プレミアムBOX
※写真集(三吉ツカサ撮影・監修の豪華写真集 オールカラー)
※DEMO TAPE〈1995 復刻版〉
<CD1>
THE EARLY 10 YEARS(全21 曲)
※全曲リマスタリング音源
<CD2>
THE LAST 10 YEARS(全21曲)
※全曲リマスタリング音源
<DVD1>
BRAHMAN20 年名場面集(約90分)
<DVD2>
ALL CLIPS(全19本)

【初回限定盤B】(2CD+2DVD)
TFCC-86529/¥4,167+税
<CD1>
THE EARLY 10 YEARS(全21 曲)
※全曲リマスタリング音源
<CD2>
THE LAST 10 YEARS(全21 曲)
※全曲リマスタリング音源
<DVD1>
BRAHMAN20 年名場面集(約90 分)
<DVD2>
ALL CLIPS(全19 本)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy