体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『アナーキー』マイケル・アルメレイダ監督インタビュー。

CymbelineTOP

マイケル・アルメレイダ監督がイーサン・ホークを主演に迎えた『ハムレット』に続き、再度シェイクスピア劇を映画化!舞台を現代に移し大胆にアクションを加えた、豪華キャストによる映画『アナーキー』(原題:CYMBELINE シンベリン)。いよいよ今週末6月13日(土)より新宿シネマカリテ(カリコレ2015)にて公開の本作。
マイケル・アルメレイダ監督のインタビューが解禁された。

 

ー前作『ハムレット』に続き、なぜシェイクスピア劇『シンベリン』を選んだのか?

『シンベリン』はとてもダイナミックで、さまざまな要素が詰まった物語だ。シェイクスピアの四大悲劇の要素を併せ持ち、神話のような壮大さもある。それに、男性登場人物の虚栄心と危険性に惹かれた。女性を信用できない、獰猛で情熱的な戦士たちだ。


ー時代と場所の設定について
2000年に公開されたイーサン・ホーク主演『ハムレット』の姉妹編と考えてもらっていい。目指しているのは、400年前のシェイクスピアの戯曲に現代のリアリティを加えて、その登場人物、状況、テーマを現代と結びつけることだ。シェイクスピアが異なる神話時代(古代ローマやキリスト教以前のブリテンやウェールズ)を物語に融合していたように、今のアメリカのギャング文化、バイカー文化が持つ集団の同盟意識は、戯曲に描かれている昔の部族世界と融合できると思った。ペンシルベニア州スクラントンを視察して、工業化の栄光の影がくすぶる廃れた炭鉱の町を舞台に展開するアクションを思い描いた(予算の関係で、スクラントンのような場所を見つけて、ニューヨーク州の中だけで撮影した)。
ー製作にあたって参考にしたものは?
一番影響を受けたのは、ヤン・コットの「シェイクスピアはわれらの同時代人」だ。この本では、シェイクスピア劇はいつの時代にも関連性があり、その劇を見る各世代の価値観や大切にするものを映し出す鏡だという考えを説いている。オーソン・ウェルズのシェイクスピア映画も参考にした。彼は低予算で撮った『マクベス』のことを「偉大な戯曲を、乱暴に木炭で描きなぐったスケッチだ」と表現した。HDビデオを使って20日間で撮影した『アナーキー』は、手早く描いた水彩画のようなものだけど、首尾一貫した美しい絵になるよう、十分に計算し尽くされているよ。パゾリーニ監督の影響もある。最近、ニューヨーク近代美術館で開かれていた回顧展で、彼の映画を改めて見た。ソフォクレスやチョーサー、聖書といった有名な物語を、古典とモダンな要素を融合させ再生するパゾリーニの型破りな作風は、とてもスリリングだ。彼の映画のイメージには直感的な気づきがあるし、今見ても強烈で新鮮だと感じたよ。僕が初めて『シンベリン』を読んだ、両親の「シェイクスピア全集」に描かれていたロックウェル・ケントの挿絵に似ているところがある。(驚いたことに、『アナーキー』の撮影監督を務めたティム・オアーは、パゾリーニの映画を1本も見たことがなかった。だから、僕が簡単なレクチャーをしてあげたよ。)

CymbelineTOP
1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会