ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仮の「内定承諾書」を提出してもいい! 今期の就活生は、納得いくまで就活しよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

就活生の話を聞いていると、すでに採用内定を受けている人は珍しくないようです。景気回復という「雰囲気」のおかげで、採用枠も増えているのですから当然の結果でしょう。

夏になれば、大手企業が採用活動に大手を振って参加してきます。実は経団連加盟企業でも水面下ですでに選考を進めていて、「8月1日に最終面接だけを予定している」という話も耳に入っています。この日を境に内定者が続々と現れることでしょう。(文:河合浩司)
「オワハラ」に負けないで納得するまで

こうなると、就活生が直面するのは「就活をいつまで続けるか」という問題です。現時点ですでに内定を受けている就活生は、2か月以上も「内定承諾書」の提出を待ってもらわなければなりません。

まずは素直な本音を話して、採用担当者と相談することを私はお勧めします。今年は採用時期の混乱により、「志望企業がまだ説明会すら開いてない…」と困っている就活生もいる状況ですから、ある程度は待ってもらえるはずです。

ただ、現実的には「2か月以上も待ち続ける」というお願いを素直に聞き入れてくれる企業は、決して多くはないでしょう。採用担当者も一人の会社員として、採用人数という目標数値を持たされています。一日も早く達成して、楽になりたいからです。

また、人材の確保ができなければ困るのは経営陣も同じですから、最終面接で俗に言う「オワハラ」といった大人げない行動に出る企業もあるのです。

いろいろなプレッシャーを受けているとはいえ、法律が許しても人として超えてはならない一線があります。就活生のみなさんは、汚い大人の手口に負けないで、自分が納得するまで就活を続けてください。
後悔を残して入社すると「退職」につながりやすくなる

これは採用担当者としてはあまり言いたくないのですが、「ひとまず内定承諾書を提出しておいて、就活を続ける」ことも、特に今年は致し方ないと思っています。

企業側からすると、夏以降に内定辞退が多発することを当たり前に想定しています。内定辞退は織り込み済で多くの内定を出しているので、就活生は自分の意思を優先してください。

企業に言われるがまま就活を終えてしまうと、入社後に「あの時、就活を続けてB社もC社も受けた方がよかったなぁ」という後悔が残ってしまいかねません。仕事が辛い時にこういう思いが重なると、退職にもつながりやすくなります。

これは、就活生にとっても企業にとってもお互いに損です。長い目で見れば、就活生が納得のいくまで就活をすることが両者にとって、最も良いのです。
「承諾書の乱発」はダメ。まずは相談を

「内定承諾書」が法的に拘束力を持たないことは、もはや周知の事実ですから「正式に書類を出したら辞退できなくなる…」と怖がる必要もありません。

とはいえ、「御社に入社を決めました」という約束をしたことになります。約束を簡単に放棄するような人間にはなって欲しくはないので、承諾書の提出を乱発するようなことはしないでください。

まずは、冒頭に書いた通り、採用担当者ととことん相談してください。それでも、無理なら「内定承諾書」を出してでも、就活を続けてください。

あわせてよみたい:「就活で友達をなくす人」の2つのパターン
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP