ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美しく危険な海の生物!「境界線」を撮影したら、神秘的な世界が待っていた・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海の写真というと水上か水中のどちらかというイメージがありますが、オーストラリアのフォトグラファーMatty Smith氏が捉えたのはそのちょうど真ん中!2つにくっきり分かれた神秘的な写真の美しさには驚きです。

クラゲや珊瑚に、魚の泳ぐ姿。そこに加えて境界線があることで水上と水中の2つの世界を同時に見ることが出来ます。撮影した本人は作品についてこう説明しています。

「僕にとって、海に入る時に最も不思議な感覚を覚えるのは、顔を水につけて水面下の世界へと通り抜ける瞬間なんだ。何か得体のしれない世界へ入っていくような、エイリアンに出くわすんじゃないかとドキドキする。その感覚こそがこの写真に写っているものなんだ」

ちなみに撮影されているのは、カツオノエボシ(電気クラゲ)やクロコダイル、サメなど非常に危険な生物も多数。

彼は「National Geographic」やオーストラリアの写真雜誌「Capture Magazine」など様々な媒体に選出されており、野生動物の撮影では有名な人物。命がけで撮影された写真の数々は美しさだけでなく、どこか圧倒されるような迫力が感じられます。

Licensed material used with permission by Matty Smith

関連記事リンク(外部サイト)

オーストラリアの海岸に現れた「青い光」の正体とは!?
1945年の夏がカラーで蘇る。第2次世界大戦の傷と「ベルリン」の姿
ハワイ・マウイ島の「水中」で、結婚写真を撮影したカップル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP