ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『ジュラシック・パーク』のテーマ曲に再び注目集まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現地時間6月12日にいよいよ全米公開(日本8月7日)される人気シリーズ第4弾、映画『ジュラシック・ワールド』が話題となっているのに合わせて、同作の名テーマ曲に再び注目が集まっていることが明らかになった。

 ジョン・ウィリアムズによる「ジュラシック・パークのテーマ」は元々、この大ヒット映画と同時に1993年にリリースされたものだ。しかし、6月13日付の米ビルボード・チャートでは“クラシック・デジタル・ソング”調査において、13位から9位へ浮上しTOP10入りを果たすと、20日付のランキングではさらに上昇。週間売り上げで15%増の1,000セールス(ニールセン調べ)を記録し、6位をマークしたのだ。メロディアスなインストの同テーマ曲は、これまでに累計18万5,000ダウンロードされている。

 なお、6月9日にはマイケル・ジアッキーノによる24曲収録の『ジュラシック・ワールド』サウンドトラックが新たにリリースされており、こちらは次週のアルバム・チャートに入ってくると見られる。同サントラにはウィリアムズのオリジナル曲をアップデートした「Welcome to Jurassic World」も収録されている。

 『ジュラシック・パーク』のサウンドトラックは、1993年7月24日付の米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”にて36位にチャートイン。今日までの累積売り上げは86万1,000枚だ。映画は22年前の6月11日に全米公開され、興行収入は10億ドル(約1,235億円)を突破。世界歴代興行収入ランキングTOP20に入っている。

関連記事リンク(外部サイト)

フローレンス・アンド・ザ・マシーン 米ビルボード・アルバム・チャート堂々の1位に、ジェイソン・デルーロは4位に初登場
梅雨のしっとりした季節に聴くJ.D.サウザーの繊細な歌声。今宵は彼のロマンティックな歌の世界に静かに身を委ねて――。
元刑務官のリック・ロスがマリファナ所持で逮捕

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP