ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

木野正人 マイケル・ジャクソンにも称賛されたダンスの実力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 元CHA-CHAのメンバーでダンスアーティストの木野正人(46)が、5月23日、静岡県のケントス静岡でソロパフォーマンス『MJK LEGEND Peace8』を開催した。

『Catching Dream』『いわゆるひとつの誤解デス』『約束』とCHA-CHAのナンバーでスタートすると、和田アキ子の『古い日記』では軽くムーンウォークを入れるなどオリジナルダンスを加えて歌ったり、田原俊彦のシングル曲『堕ちないでマドンナ』『あッ』『夢で逢いましょう』『ごめんよ涙』などを17分2秒にわたるメドレー形式で歌い上げたりと、ファンを沸かせた。

 ライブ後半になると、マイケル・ジャクソンの曲をリミックスしたダンスナンバーを披露。『Billie Jean』では、白シャツに黒ジャケット、黒ズボンを着こなし、手袋をはめるマイケルスタイルに変身し、ステージを盛り上げた。

 実は、木野とマイケルの間には接点がある。2007年、マイケルがファンイベントで来日した際、ゲストパフォーマーとして出演。本人が見ている目の前で、『スリラー』に合わせて、オリジナルダンスを踊ったのだ。すると、イベント終了後、楽屋でマイケルは木野に対し、「ユー・アー・ベリー・クリエーティブ!」とその動きと振り付けに賛辞を送り、「最後の振りをやってくれないか」とまで話したほどだった。

 この日のステージでも、木野はマイケルが認めたハイレベルのパフォーマンスを見せた。『Billie Jean』を踊り終えると、田原が昨年発売したシングル『Bonita』に合わせ、華麗に舞った。マイケルの曲は“よりマイケルらしく”、田原の曲は“より田原らしく”、ステージで魅せる。そして、オリジナルダンスコーナーでは“木野正人らしさ”を存分に発揮する。

 46歳という年齢を感じさせない稀代のダンスパフォーマーは、CHA-CHAの『青春のラビリンス』を歌いながら、客席を回ってファンとハイタッチを交わし、ステージを後にした。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元CHA-CHA木野正人 田原俊彦から譲り受けた赤衣装で熱演
コウメ太夫 ムーンウォーク世界大会準優勝し再ブレーク狙う
田原俊彦LIVEに元CHA-CHA木野がバックダンサーとして復活

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP