ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

後藤久美子 ロンドンで宮沢りえの舞台を観劇し楽屋訪ねハグ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 イギリスのロンドン東部、シティ・オブ・ロンドンにある『バービカン・センター』は1982年に開設されてから、ヨーロッパ最大の文化施設といわれている。

 そんな格式高い場所で、村上春樹原作・蜷川幸雄演出の舞台『海辺のカフカ』のロンドン公演が行われた(5月28日~30日)。初日の夜は、観劇した約1500人が、主人公のカフカを演じた古畑新之(24才)をはじめ、宮沢りえ(42才)、藤木直人(42才)らキャストに総立ちで拍手を送った。ほとんどがイギリス人だったというその客席の中で彼女の姿は特別目立っていた。つややかな黒いロングヘアで、健康的な素肌、飾り気のないシンプルな装い──それは、後藤久美子(41才)。彼女はひときわ大きな拍手をしながら、ステージのりえに熱視線を送っていた。

 年齢はりえのほうが1才年上だが、学年は同じで、芸能界デビューはほぼ同時期で10才の頃だった。

「いろんなオーディション会場で顔を合わせるなかで、かたい絆で結ばれていったそうですよ。親友というよりも、小学生の頃から大人の世界で働く“同志”という存在だったと思います」(芸能関係者)

 出会って30年。りえとゴクミが歩いてきた道は必ずしも交わることはなかったが、ふたりの絆は、今もなお続いている。

「終演後後藤さんはりえさんの楽屋を訪ねて、ハグして、再会を喜んだそうです。つもる話もいろいろあったと思うんですが、多くを語らずともわかりあっているというような雰囲気でした」(舞台関係者)

※女性セブン2015年6月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
湘南のタトゥー美女 五輪注目は「野球の清原選手でっす♪」
【ジョーク】ロンドン五輪で断食月に当たった選手たちの一言
湘南の水着ギャル 「中2の時になんとなくタトゥー入れた」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP