体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

葉加瀬太郎も驚愕! シシドカフカがドラムを習った大物音楽家とは

葉加瀬太郎も驚愕! シシドカフカがドラムを習った大物音楽家とは
J-WAVE土曜夜の番組「ANA WORLD AIR CURRENT」(ナビゲーター:葉加瀬太郎)。6月13日のオンエアでは、シシドカフカさんが登場します。

ドラムボーカリストのシシドカフカさん。黒髪のロングヘアーを揺らしてドラムを叩きながら歌う姿がクールな彼女ですが、番組前半ではシシドカフカさんが、ドラムに興味をもった意外なきっかけから、そのスタイルが確立するまでのストーリーを伺います。

両親の仕事の関係で、12歳の頃にアルゼンチンに住むことになったシシドカフカさんは、この頃にドラムを習い始めたそう。実は、あの有名音楽家の孫にドラムを習っていたという事実に葉加瀬さんも「マジ!? すごい話だね。大ファンなんだよね」と大興奮。その人物とは?

番組後半では「アルゼンチンの人に、『アルゼンチンといえば、タンゴとサッカーと牛肉だよね』って言えば、だいたい『そうだね』って返ってきますよ」と話すシシドカフカさんがオススメの、アルゼンチンフードや、好きなアルゼンチンのアーティストの話を伺います。

シシドカフカさんの素顔から、アルゼンチン・ブエノスアイレスの魅力まで、ボリューム満点のオンエア。どうぞお聞き逃し無く!

【関連サイト】
「ANA WORLD AIR CURRENT」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/worldaircurrent/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。