ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

兜町、茅場町の証券マンのために考案された、お一人様用の「鶏鍋ご飯」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月6日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)、「石塚英彦の通りの達人」のコーナーでは、「江戸の粋が残る日本橋 老舗の名店巡り」と題し、タレントの石塚英彦さんが「鳥徳」(東京都中央区)を訪れた。

 東京メトロ茅場町駅からすぐの同店は、創業111年の鳥料理の老舗。ランチどきは近隣のサラリーマンでいっぱいになる。長年愛されてきた人気メニューが「鶏鍋ご飯」(1000円 税込み)だ。一人前用の特製鍋に、鶏もも肉とレバーを入れ、江戸前風の甘辛い割り下で煮込んだ一品。「鶏鍋」の卵を崩した石塚さんは「うわぁ~、卵の色が濃いですね~」とコメント、店主の鍋島さんは「仙台の伊達鶏の卵を使用しています」と答えた。

 鶏肉を食した石塚さんは「まいう~。相当うまいですね。やっぱり昨日今日できる味じゃないですね」と称賛した。そしてご飯に鶏肉と割り下をかけて食べ「うめっ! この鍋、お一人様にもいいですけど、お太り様にもいいです」と語り、爆笑を誘った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:鳥徳 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:茅場町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:茅場町×和食のお店一覧
銀座の寿司の名店で限定20食! 売り切れ御免の贅沢な「トロステーキ重」
ドロンズ石本も称賛! トマトソースで作った「スパゲッティナポリタン」!

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。