体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『グレムリン』監督のゾンビコメディーも登場 秋の恒例『シッチェス映画祭2015』開催決定!![ホラー通信]

sit

2012年より開催され、毎年秋の恒例となりつつある『シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション』。毎年スペインで行われているホラー・SF・ファンタジー映画の祭典『シッチェス・カタロニア国際映画祭』の上映作品より、日本向けにセレクトした選りすぐりの作品を特集上映! “面白い映画だけ!個性際立つ映画だけ!”な、スペシャルなイベントとなっております。

今年の目玉作品は、『グレムリン』『ハウリング』『ピラニア(1978)』を手がけた名監督ジョー・ダンテが贈る『ゾンビガール』。元カノがゾンビになって蘇り、今カノのために元カノゾンビを撃退するというアグレッシブなあらすじになっておりまして、ジョー・ダンテがそれをどう魅せるのか注目したいところ。そのほか、デカ(刑事)が狼人間になるという『ウルフ・コップ』、『屋敷女』の監督コンビが贈る『恐怖ノ白魔人』など、個性豊かな全5作品が上映となります。

『シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2015』は10月24日よりスタートです。東京以外でも大阪・名古屋・福岡と開催されますのでどうぞお楽しみに!

上映作品

すべての画像が表示されない方はこちら

『ゾンビ・ガール』_メイン

『ゾンビ・ガール』
■制作年度:2014年 ■制作国:アメリカ ■言語:英語 ■90分 ■ジャンル:ホラー・コメディ 
監督:ジョー・ダンテ『グレムリン』『ピラニア』

生粋のホラー映画マニア青年マックスは、憧れていた美女エヴリンと付き合うことになり、なんと同棲することになり有頂天。ところが、エヴリンとの暮らしは束縛地獄。耐えられずに別れることを決意するのだが、エヴリンはバスに跳ねられて死んでしまう。彼女の死から何とか立ち直ったマックスは、ゾンビ映画2本立て鑑賞中に、可愛くて元気でホラー映画を愛する女性オリヴィアに出逢う。すぐに2人は意気投合するのだが、マックスのアパートに現れたのは死んだはずのエヴリン。彼女は、マックスとオリヴィアの仲を妨害するために墓からゾンビとして甦ったのだ。マックスは、自分とオリヴィアの将来のために、このゾンビを撃退しなければならないと決意する!

(C) 2014 BTX Nevada, LLC All Rights Reserved.

『ミッドナイト・アフター』_メイン

『ミッドナイト・アフター』
■制作年度:2014年 ■制作国:香港 ■言語:広東語 ■121分 ■ジャンル:SF 
監督:フルーツ・チャン『JOYUREI/女優霊』『メイド・イン・ホンコン』

夜の香港。小型の深夜バスに乗り合わせた17人の男女。バスは町の中心に向かうためトンネルをくぐる。そして、トンネルを抜けた時、世界からすべての人間が消失してしまう。17人は、バスから降り、人影の消えた町をさまよう。地上に存在する人間はわずか17人という状況下、今までの道徳観が意味を成すのだろうか?やがて、残された人間の内面に潜む怪物が目を醒ましていく。

(C) Golden Scene Company Limited / the Government of the Hong Kong Special Administrative Region 2014 All Rights Reserved

『ウルフ・コップ』_メイン

『ウルフ・コップ』
■制作年度:2014年 ■制作国:カナダ ■言語:英語 ■79分 ■ジャンル:アクション・ホラー
監督・脚本:ローウェル・ディーン

1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy