ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウィズ・カリファ 米ビルボード・シングル・チャート8週目の1位をマーク、注目のイケメンシンガーアンディ・グラマーがTOP10入り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 再浮上して尚強し!ウィズ・カリファfeat.チャーリー・プースの「シー・ユー・アゲイン」が、8週目のNo.1をマークした今週の米ビルボード・シングル・チャート。

 先週、テイラー・スウィフトから首位の座を略奪してから、勢い衰えず今週もNo.1をマークした「シー・ユー・アゲイン」。iTunesチャートだけでなく、主要国の総合チャートをほぼ制覇し、アメリカ全土に留まらない人気を誇っている。

 2位にダウンしたテイラー・スウィフトの「バッド・ブラッド」も同様に、カナダ、オーストラリアなどで首位、UKでもTOP5入りを果たしている。首位との差も大きく離されていないことから、まだ登場数の少ないテイラーが、巻き返しの首位略奪となる展開も、十分に考えられる。

 アルバムのリリース効果でTOP5入りしたのは、ジェイソン・デルーロの「ウォント・トゥ・ウォント・ミー」。この曲が先行シングルとしてリリースされた4thアルバム『エヴリシング・イズ・4』が6月4日にリリースされたことで、エアプレイ、ストリーミング回数が上昇し、ポイントを伸ばした。この曲のヒットにより、今週のアルバムチャートでは見事、4位にデビュー。アルバムチャートでは、自身初のTOP10入りを果たした。

 新たにTOP10内にエントリーしたのは、アンディ・グラマーの「ハニー・アイム・グッド」。LA出身のイケメン、シンガーソングライターで、カントリー調の夏らしいサウンドが、シーズンを盛り上げているということもあり、エアプレイが急上昇。また、多国籍・ジャンルにわたるカップルたちが「交際何年目」というボードを掲げるビデオが話題をよび、1500万回に届くストリーミングポイントが、今回のヒットにつながった。

 テイラー・スウィフトの「バッド・ブラッド」が、【2015 ビルボード・ミュージック・アワード】でのプレミアと共に幕開けしたことや、10位のマルーン5「シュガー」では、彼らが一般の結婚式に飛び入り参加するという“サプライズ動画”的な要素でヒットするなど、今のHOT100チャートでは“ビデオ効果”によるチャート・アクションが主流になっている。それだけ、音楽を聴く手段として最も起用されているのが、YouTubeなど含むストリーミングということなのだろう。

 次週TOP10入りを果たすことが予想されるのは、オーミの「チアリーダー」。ダンスホール調の中毒性のあるサウンドが、アメリカ含む世界各国でかかりまくっているようで、TOP10入りはもちろん、この夏No,1に到達することも期待できる。

 「シュガー」がダウンし始めたと同時に、ランクアップしてきているマルーン5の新曲「ディス・サマー」は23位まで上昇中。アルバム『V』からの4thシングルで、アルバムのリイシュー形態としてリリースされたトラックの1曲。『V』からは、これまでリリースされた全シングルがTOP10入りを果たしていることから、この曲もビデオのリリースと共に、4曲目のランクインを果たすことが期待できる。現時点では、リリック・ビデオが公開されていて、すでに650万回を突破した。

Text: 本家 一成

関連記事リンク(外部サイト)

6月20日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
6月20日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
Song Review:映画『ワイスピ』とともにヒット中のウィズ・カリファ「シー・ユー・アゲイン」に込められた“ファミリー”を巡る物語を紐解く

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。