ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SKE48須田亜香里が「神7」入閣した時に用意してたスピーチがカッコよすぎて泣ける

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月9日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』にて、SKE48須田亜香里が出演し、先日開催された総選挙について心境を吐露した。

須田は、先日の総選挙で昨年の10位から大幅にランクダウンし18位という結果に。本人は神7に入る気満々だったようで、神7入りをした際の原稿も用意していたという。MCのよゐこ濱口から、「俺らの中では神7やもん。ちょっと聞かせてよ」と強引に依頼されると、それに快く応じた須田は、番組内でスピーチを行った。

「SKE48チームEのあかりんこと、須田亜香里です。今日はこのステージに立たせてくださった全ての方へ、そして、今まで出会ってくださった全ての方へ、ありがとうございます」とまずは挨拶を述べた須田。続けて「嬉しいことも、悔しいことも、人生で一瞬しかない時間は、皆さんがいれば、私にとっては一瞬ではなく、一生の宝物になるんです。だからそんなファンの方と、メンバーとまた見たい景色ができました。それはまた、SKE48単独で名古屋ドームのステージに立つことです」と抱負。

さらに、「小さい頃から23歳で結婚することが夢だった」と衝撃発言した後、「今は皆さん知ってのとおり23歳です。なのでこの夢はもう叶いそうにありません。1人の女の子としての夢は、逃してしまいましたが、アイドルとしての夢を、皆さんと一緒に叶えていきたいです。これからも私の恋人はファンの皆さんです」とゆるぎない決意を表明した。

このスピーチに、よゐこ、アンガールズは大絶賛。須田は今回の選挙を振り返り、「アイドルを本当に辞めようと思ってました」と告白。その理由を、「『アイドル 須田亜香里』は、綿密なルールがあり、全部そのルールに従って5年間やってきてたので」と自分が守ってきたものが、否定されたような気持ちになったと語る。

しかし、涙は流したものの悔しくはないと語る須田は、「『悔しい』っていうのは、悔いを残した人が言う言葉だと思うんです。あの涙は、【アイドル須田亜香里】が剥がれ落ちる涙なんですよ」と説明。アンガールズ山根の「それ『前田(カープの前田智徳)は死にました』くらいの名言じゃない?」との突っ込みに笑いながらも、「でも、剥がれ落ちたお陰で、今まで私を縛り続けてた【アイドル須田亜香里】のこうじゃなきゃいけないっていうのが全部無くなったんですよ。だから今、私人間としてまたアイドル始めてるんです」と答えた。

この発言に、よゐことアンガールズは驚きの声とともに「深いなぁ」と感心したようで、須田に「成長したな」と絶賛。アイドルについての想いがあまりに深く、ファンにとっても考えさせられる回になったに違いない。

■参照リンク
『アッパレやってまーす!』公式サイト
http://www.mbs1179.com/yaru/

関連記事リンク(外部サイト)

SKE48松井玲奈と渡辺美優紀の可愛すぎる密着2ショット写真が話題に
SKE48須田亜香里が「神7」入閣した時に用意してたスピーチがカッコよすぎて泣ける
最近宇宙づいてるマット・デイモン、最新作『The Martian』は火星に取り残された男の物語
生後3週間の子ヤギ2匹が服を着て仲良く飛び回って可愛すぎる【動画】
マツコの「待ち合わせに遅刻している時の言い訳メール」がスゴい!脳科学者も絶賛

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP