ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TPDがメジャーデビュー1周年記念イベント開催、初代リーダー木原さとみも1周年を祝福

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TPDがメジャーデビュー1周年記念イベント開催、初代リーダー木原さとみも1周年を祝福

東京パフォーマンスドールが、2015年6月11日に、デビュー地と同じ会場・池袋サンシャインシティ噴水広場にて、メジャーデビュー1周年記念イベントを開催した。

昨年6月11日に、シングル「BRAND NEW STORY」でメジャーデビューした彼女たちは、新曲「DREAMIN’」やカップリング曲「BE BORN」など全5曲を力強くパフォーマンスし、会場を大いに沸かせた。その後、1周年のお祝いに初代TPDのリーダー木原さとみがサプライズで駆け付けた。

木原は「武道館ライブとか夢があると、自分達も頑張ってこれたので、夢をもって頑張ってください。新生TPDが武道館ライブをやった暁には、自分もセンターで1曲歌わせてもらおうかなと夢見てます。」とエールを贈った。

新生TPDのリーダー高嶋菜七は「メンバー全員で1周年を迎えることができて嬉しいです。応援してくださる皆さんが、TPDを何回見ても飽きないな、いつ見ても、同じ曲を何回見ても、やっぱりTPDはいいなって思っていただけるような、そんなグループになりたいと思っています。これからも努力という言葉を忘れずに、前も向き続け頑張っていきたいと思います。」と抱負を語った。

そして、メンバーの上西星来が、10月より渋谷のPARCO劇場などで再々演されることが決定した伝説の舞台「ダブリンの鐘つきカビ人間」のヒロイン・おさえ役に抜擢されたことを発表した。上西は「自分が思ったことと逆の言葉を言ってしまう難しい役なのですが、自分なりに一生懸命頑張って演じたいと思います!」とコメント。

さらに、乃木坂46の白石麻衣や松井愛莉などがモデルを務める人気女性ファッション誌「Ray」の専属モデルに6月23日発売の8月号から起用されることも分かった。

上西は「夢の1つだったモデルに挑戦できるということですごく嬉しいです。自分らしさを極めて活躍できるようにしていきたいと思います!」と宣言した。Rayの守屋編集長からは「肌や髪はもちろん、顔のパーツがキレイ!しかもキレイ過ぎない可愛さがいい。美容やファッション等幅広く活躍できるモデルになってくれるのではと期待しています」とコメントが届いた。

さらに、メンバーの浜崎香帆が、漫画雑誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」30号(6月22日発売)で、アップアップガールズ(仮)の森咲樹とコラボ表紙を飾ることが報告した。TPDにとって漫画雑誌の表紙は初のことだ。浜崎は「多いときでは、1日で200回くらい腹筋をしました!」と撮影前のエピソードを語った。

また、これまで結成より約2年間、本人発信のSNSツールがなかったが、TPDメンバー自身による公式LINE(@TPD_official)も開設した。

リリース情報
3rdシングル「DREAMIN’」(作詞:藤林聖子/作曲:吉野貴晴/編曲:江口 亮)
2015年6月10日(水) 発売
タイアップ:読売テレビ・日本テレビ系全国ネットTVアニメ『電波教師』エンディングテーマ

ライブ情報
3rdシングル『DREAMIN’』ミニライブ&購入者特典会
6月12日(金)19:00~(東京都)TSUTAYA SHIBUYA 2F特設会場 ※ミニライブは開催せず。
6月13日(土)①13:00~②16:30~(神奈川県)ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場 グランドステージ
6月14日(日)①13:00~②16:30~(東京都)アーバンドック ららぽーと豊洲 シーサイドデッキ メインステージ

関連リンク

■東京パフォーマンスドール オフィシャルサイトhttp://tpd-web.com/
■東京パフォーマンスドール オフィシャルTwitterhttps://twitter.com/TPD_official
■東京パフォーマンスドール 公式ニコ生チャンネルhttp://ch.nicovideo.jp/tpd2525
東京パフォーマンスドール Official Twitter@TPD_official
東京パフォーマンスドール Official Instagramtpd_official
東京パフォーマンスドール Official YouTube Channelhttp://www.youtube.com/user/tpdSMEJ
東京パフォーマンスドール 公式LINE:@TPD_official

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。