ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

WBC誤審のデービッドソン審判 なぜエース格扱いだったのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2006年3月12日、野球の世界一決定戦・WBC2次リーグ初戦。日本代表対アメリカ代表、3対3で迎えた8回表、1死満塁。レフトフライからのタッチアップが、三塁ランナーの離塁が早いとしてダブルプレーを成立させた誤審は、主審ボブ・デービッドソンによってもたらされた。デービッドソンはメキシコ対アメリカでの「ホームランを二塁打扱い」するなど、その後の試合でも疑惑の判定を見せた。

 アメリカのメディアからも批判が相次ぎ、「(カリフォルニア・ドリーミングならぬ)カリフォルニア・スキーミング(陰謀)」「ワールド・ボブ・クラシックだ」などと揶揄された。

 もともとデービッドソンは誤審の多い問題審判として有名だった。

 1992年のワールドシリーズでは同シリーズ2例目のトリプルプレーが成立するはずだったが、塁審を務めていたデービッドソンがプレーを見逃し、ダブルプレーにしてしまった。1998年のレギュラーシーズンではサミー・ソーサと本塁打王を争っていたマーク・マグワイアが放った外野フェンスを越える打球を二塁打と判定し、「史上最低の審判」と酷評された。その他、「やたらとボークを取りたがる」「感情的な判定がある」「ストライクゾーンが安定しない」といった批判の絶えない審判だった。

 そんなお騒がせアンパイアがなぜ、第1回WBCという記念すべき大きな大会で、しかも審判団のエース格扱いで起用されたのか。

 実は、大会に登録されたアメリカの審判22人のほとんどは、デービッドソンを含めてマイナーリーグの審判だった。本来はメジャーの審判が登録されるはずだったが、WBCを主催するMLB機構とメジャーの審判組合が報酬を巡る交渉で決裂したため、メジャー審判が参加しなかったのである。

 デービッドソンは1999年まではメジャーの審判だったが、その年に審判組合がMLB機構と労使交渉を行なった際、デービッドソンを含む一部の審判たちが交渉戦術として辞職しており、WBC当時はマイナー所属だった。それでもメジャーの審判として18年のキャリアがあったため、重い立場で起用されたのである。

 誤審の裏にはそうしたアメリカ側のお粗末な事情があった。

 それ以前に、誤審が発生した試合で、4人の審判のうち3人がアメリカ人、1人がオーストラリア人だったことも問題だった。他競技の国別対抗の大会であれば、対戦国と国籍を同じくする審判が多数起用されることはない。そもそも大会では37人の登録審判のうち、22人がアメリカ人という極めて偏った構成だった。

 審判の問題だけではない。試合の組み合わせは抽選なしで決められ、アメリカは決勝までキューバをはじめとする中南米の強豪国と対戦しないことになっていた。使用球はアメリカの選手が使い慣れているメジャーの公式球だ。そもそも国際的な機関ではなく、MLB機構とMLB選手会が大会を主催する。要するに「アメリカの、アメリカによる、アメリカのための大会」が生んだ誤審だった。

※週刊ポスト2015年6月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
プロ野球は選手だけでなく審判団もキャンプイン 発声練習も
サウスポー、テキサスヒット、ブルペン…の語源はアメリカ発
長瀬智也 いま一番大切なのは趣味と男友達、恋愛は二の次

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。