ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

幻の阪神本塁打めぐり誤審認めた審判がシーズン終了後に引退

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球1992年シーズン終盤、首位ヤクルト、2位巨人、3位阪神の3チームが1ゲーム差でひしめき合う中で迎えた9月11日の阪神対ヤクルト戦。試合は3対3の同点で9回裏の阪神の攻撃を迎え、2死一塁に。一打サヨナラのチャンスで打席に立ったのは八木裕。甲子園の熱気が最高潮に達するなか、八木がヤクルトのエース岡林洋一のスライダーをとらえると、打球はレフトの頭上を越えていった。
 
 八木が一塁を回ったとき、レフト方向を凝視していた二塁塁審の平光(ひらこう)清が腕をぐるぐる回した。ホームランのジェスチャーだ。

 ところが、ヤクルトの野村克也監督と外野手が「エンタイトルツーベースだ」と猛抗議すると、審判団は判定を覆した。 

 打球はフェンス上部に当たってスタンドインしていたのである。すると今度は阪神の中村勝広監督が抗議。客席も大騒ぎとなり、怒ったファンがグラウンドに乱入し、逮捕者も出た。

「私の誤審です。今年で責任を取って辞めますから、試合を再開してください」

 平光はそう懇願したが、中村監督は怒鳴り返した。

「それはオレに関係ない。オレたちは今日の1試合が大事なんだ!」

 判定が再び覆ることはなかった。没収試合となる直前、阪神側が判定を受け入れ、2死二、三塁で試合は再開された。その後、両チームとも得点できず、延長15回、3対3で試合は終了。6時間26分に及ぶプロ野球最長試合時間を記録した。試合終了は午前0時26分。阪神電鉄は終電後も、球場に残った1万人のファンのために臨時列車を走らせた。

 セ・リーグでは1990年シーズンから人件費削減のため外野審判2人の配置をやめ、球審と塁審3人による4人審判制を採用していた。塁審の位置から外野まで距離があり、しばしばホームラン判定を巡って抗議が出る場面があった。

 シーズン終了後、誤審を認めた平光審判は約束通り引退した。

※週刊ポスト2015年6月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元スカウト 古田敦也・高橋由伸らの入団の舞台裏を暴露
マートンにシーズン最多安打許した中澤雅人はかなり不運な男
ヤクルト身売り騒動 誤報にも関係者からは「あり得る話だ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP